拉致問題啓発パネル展を開催します(平成19年12月)

本文にジャンプします
拉致問題啓発パネル展を開催します(平成19年12月)

12月10日から16日は、「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。

拉致は、重大な人権侵害です。
すべての拉致被害者の早期帰国と人権回復を実現することが、早急に必要です。
米子市では、北朝鮮人権侵害問題への認識を深めていただくため、拉致問題啓発パネル展を開催します。

平成18年11月20日、米子市の松本京子さんが北朝鮮による拉致被害者として政府認定されました。
全国で17人目、鳥取県内では初の認定です。
松本さんが消息を絶たれてから、すでに30年が経過しています。米子市内では、松本さんのほかにも2人のかたについて拉致の可能性が指摘されています。



拉致問題啓発パネル展

このイベントは終了しました
開催日

平成19年12月10日(月曜日)から14日(金曜日)まで

場所

米子市役所本庁舎1階ホール(総合案内横)

掲載日:2007年12月3日