「拉致問題の早期解決を願う国民のつどいin米子」を開催しました(令和2年11月)

本文にジャンプします
「拉致問題の早期解決を願う国民のつどいin米子」を開催しました(令和2年11月)

令和2年11月3日(火曜日・祝日)、米子コンベンションセンターにおいて、「拉致問題の早期解決を願う国民のつどいin米子」を開催し、会場が満席となる約300人のかたにご参加いただきました。政府から三ッ林内閣府副大臣が初めて出席されました。
「つどい」開会前には、三ッ林内閣府副大臣が、政府認定拉致被害者松本京子さんの兄である松本孟さん、鳥取県知事、米子市長とともに拉致現場の視察を行ないました。その後、鳥取県知事及び米子市長から、三ッ林内閣府副大臣に拉致問題の早期解決に向けた要望書をご家族同席のもと、手渡しました。
「つどい」では、松本孟さんをはじめ拉致被害者等御家族の訴え、荒木和博さん(特定失踪者問題調査会代表)の講演、山口采希さんによるミニコンサートが行なわれました。
米子の地から拉致問題の早期解決に向けた機運を高めることができました。

拉致問題の早期解決に向けた要望

要望者

平井 伸治  鳥取県知事
伊木 隆司  米子市長

要望先

加藤 勝信 内閣官房長官兼拉致問題担当大臣
三ッ林 裕巳 内閣府副大臣

拉致問題の早期解決を願う国民のつどいin米子

とき

令和2年11月3日(火曜日・祝日) 午後1時30分から3時30分まで

ところ

米子コンベンションセンター 多目的ホール

内容

開会あいさつ

三ッ林 裕巳 内閣府副大臣
平井 伸治 鳥取県知事

拉致被害者ご家族の訴え

松本 孟 さん(1977年10月に米子市で拉致された松本京子さんの兄)
上田 淳則 さん(1969年11月に行方不明になった上田英司さんの兄)

講演

演題 「今、北朝鮮に何が起きているのか、拉致被害者の救出はどうなるのか」
講師 荒木 和博 さん(特定失踪者問題調査会代表)

ミニコンサート

「空と海の向こう~拉致被害者全員の救出を願って~」ほか
 シンガーソングライター 山口 采希 さん

閉会あいさつ

伊木 隆司  米子市長

主催

政府 拉致問題対策本部、鳥取県、米子市、日南町、大山町、伯耆町、北朝鮮拉致問題早期解決促進鳥取県議会議員連盟、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための鳥取の会

松本京子さん拉致現場視察
つどい1

平井知事による三ッ林内閣府副大臣へのパネル説明
つどい2

三ッ林内閣府副大臣と伊木市長による要望書手交
つどい3

国民のつどいin米子(荒木和博さん講演)
つどい4

山口采希さんミニコンサート
つどい5

掲載日:2020年11月10日