市の紹介

本文にジャンプします
市の紹介
米子市のあらまし

上空・境港方面から米子市街を望む

米子市は、鳥取県の西部、山陰のほぼ中央に位置し、南東に中国地方最高峰の大山(だいせん)、北に日本海、西にコハクチョウ渡来南限地でラムサール条約登録の中海を有する、豊かな自然環境に恵まれた街です。

市の大半は平坦な地形で、東にある標高751.4メートルの孝霊山(こうれいさん)とそれに連なる大山の山すそ、また南部に標高100メートル程度の山が点在する程度です。その一帯には、大山や中国山地に源を発する日野川のほか、法勝寺川、佐陀川、宇田川などが流れ、日本海へと注いでいます。

そして、道路、鉄道、空港などの利便性も高く、古くから地域の交通結節点・宿泊拠点、人の行き来が盛んな「山陰の商都」として栄えてきました。そのため、米子市民は明るく開放的で、外からの移住者を快く受け入れる気質があります。

日本海に面して「海に湯が湧く」皆生温泉は、「トライアスロン日本発祥の地」であり、昭和56年から毎年開催している「全日本トライアスロン皆生大会」には全国から鉄人が集結し、過酷な熱いレースが繰り広げられます。

皆生温泉の足湯 トライアスロンのようす

市民にとっても、春夏秋冬を通じて海水浴、登山、サイクリング、スキーなど日常生活の中でレジャーを楽しめる環境が整っています。日本海に面した弓ヶ浜海岸は「キス釣りの聖地」として知られており、毎年7月には投げ釣りの全国大会が開催されるほどです。また皆生温泉に近接して、潮風と青松につつまれたシーサイドコース「米子ゴルフ場」があり、気軽にゴルフを楽しむことができます。

 

レジャーのほかにも、米子城跡や飛鳥時代後期の遺跡上淀廃寺跡(かみよどはいじあと)、彫刻ロードがあり、日常風景の中で歴史、文化、芸術を身近に感じることができます。

米子城跡上空からの写真

名水のさと

大山山麓の地下水を原水とする水道水は、ブナ原生林の豊かな土壌に育まれてミネラルを適度に含んでおり、それをペットボトルにした「よなごの水」は、まろやかでのどごしがよく名水として広く認められています。

なお、本市の特色として、鳥取大学医学部付属病院をはじめ医療機関が充実していることが挙げられ、高齢者にも子育て世帯にもやさしい環境です。企業、商店等が集積する市街地と住宅地や農地がある郊外など、同じ市内でも地域により特徴があり、それらがうまく融合している暮らしやすい街、それが米子市です。

概要

位置

  東端 西端 南端 北端
東経 133°28′50″ 133°13′37″ 133°19′35″ 133°15′44″
北緯 35°26′09″ 35°28′37″ 35°22′26″ 35°30′02″

面積

132.42平方キロメートル

人口

平成27年国勢調査での人口

149,313人
男:70,628人
女:78,685人
世帯数:60,037世帯

その他の統計情報

リンク … 数字で知る米子市
リンク … 市勢要覧

掲載日:2011年3月17日

「米子市」は、2005年(平成17年)3月31日(木曜日)に、それまでの「米子市」と「淀江町」が合併して新たに誕生した市です。

市のシンボル

市章

米子市の市章

漢字の「米」の字を図案化したものです。
1900年5月10日から合併前の米子市で用いられていたもので、市民アンケートの結果などを踏まえ、2005年12月1日、新たな米子市の市章として正式に決定しました。

市の花 … ツツジ

旧米子市で1967年に、旧淀江町で1975年に、それぞれ市の花・町の花として制定されたツツジ。
2006年1月1日、「米子市の花」に定めました。

4月下旬ごろから、庭や公園のほか、米川、加茂川堤など市のあちこちで咲き誇り、ゴールデンウィークには「つつじ祭り」も開催されます。

市の鳥 … コハクチョウ

米子市にある米子水鳥公園は、西日本最大のコハクチョウの集団越冬地で、毎年約1000羽のコハクチョウが越冬しています。
この水鳥公園の開園を記念して、1995年10月に旧米子市の鳥に制定されました。

新・米子市誕生後に行なった市民アンケートでも、市の鳥としてコハクチョウがふさわしいという声が多く、2006年1月1日に「米子市の鳥」に定めました。

2005年10月に、米子市のイメージアップを図るため、ロゴマークとイメージキャラクターを募集しました。
全国各地から184点の応募があり、米子市民16人の「みんなでロゴ・イメキャラをつくる会」での検討の結果、2006年2月にロゴマークとイメージキャラクターが決定しました。

ロゴマーク

米子市のロゴマーク

「山陰の交通の要衝」、「環日本海交流を推進・経済交流の拠点をめざす」が基本コンセプト。
「Y」の上に顔を描き、「交流」、「やさしさ」、「歴史」などのイメージが盛り込まれたロゴマークです。
色は、青が「日本海」、緑が「大地(中国山地)」を表現しています。

イメージキャラクター … ヨネギーズ

米子市のイメージキャラクター

お父さんのネギ太、お母さんのネギ子、ふたりの子どものネギポ、家族3人で「ヨネギーズ」です。

ネギ太とネギ子は、米子市の弓ヶ浜地区などで栽培されている「ネギ」と、米子のアルファベットの頭文字「Y」をデザインしたものです。
淀江の名物「どんぐり」のポシェットを身につけています。

オリジナル壁紙や折り紙もあります。
リンク「こんにちは!ヨネギーズです」

市の歌

新米子市誕生10周年を記念し、平成27年3月31日に「米子市の歌」を制定しました。
制定の目的は、米子市の歌が市民に親しまれ歌い継がれていくよう普及に取り組むことにより、歌を通じて市民の米子市を愛する意識の醸成を図り、米子市の地域や人の更なる一体化を推進しようとするものです。

『米子市の歌』保岡 直樹 作詞・松田 恭雄 作曲

(1番)

はるか大山(だいせん)      ()清水(しみず)
(なが)(ゆた)かに      すそ()(ひら)
四季(しき)(めぐ)みに      感謝(かんしゃ)して
いのち(はぐく)む      ふるさとよ
みんなで(うた)おう      (こころ)はひとつ
だんだん米子市(よなごし)      (すす)むまち

(2番)

(かた)をよせ()い      (はな)()
かおる()けむり      ふれあう笑顔(えがお)
古代(こだい)ロマンが      (いき)づいて
(ひか)歴史(れきし)に      はずむ(かぜ)
(かな)でる(ひと)()      (いろど)文化(ぶんか)
いきいき米子市(よなごし)      ()ちるまち

(3番)

ごらん中海(なかうみ)      コハクチョウ
つばさ(ひろ)げて      みなぎる(ちから)
(にじ)をかけたい      大空(おおぞら)
(ゆめ)()ばたく      日本海(にほんかい)
世界(せかい)(むす)んで      未来(みらい)()らす
ぐんぐん米子市(よなごし)      ()びるまち

リンク『米子市の歌』を制定しました♪
(※リンク先で音楽ファイルをダウンロードできます。)

掲載日:2012年3月23日