拉致問題の早期解決に向けた国への要望活動(平成24年4月)

本文にジャンプします
拉致問題の早期解決に向けた国への要望活動(平成24年4月)

拉致問題の早期解決のため、次のとおり国への要望活動を行ないました。

実施日時

平成24年4月12日(木曜日) 午後5時20分から午後5時35分

要望者

米子市長  野坂康夫

要望先

拉致問題担当大臣  松原仁

要望場所

内閣府本府庁舎3階 大臣室(東京都千代田区永田町1-6-1)

要望内容

野坂市長から次のとおり要望しました。

  • 松本京子さんについての情報の収集及び早期帰国の実現に向けて、全力で取り組んでいただきたい。
  • 本市で拉致の疑いがある方について、全容解明に向けて調査を徹底していただきたい。

回答内容

松原拉致担当大臣からは、次のような回答がありました。

  • 拉致の解決には、日本国民が常に問題意識を持って、一刻も早く帰国できるよう声をあげ続けることが大事である。
  • 拉致被害者以外にも、拉致の可能性が否定できない、いわゆる特定失踪者についても、捜査・調査等強力に進めるとともに、様々な機会を通じて、広く国民に訴え続けていきたい。あらゆる手段を排除せずに、スピード感をもって取り組んでいく所存ですので、米子市におかれましても、引き続き、ご支援、ご協力をお願いしたい。

参考資料

リンク・新しいウィンドウで開きます 要望書 PDF 93キロバイト)

掲載日:2012年4月19日