「拉致問題の早期解決を願う国民のつどいin米子」を開催しました(平成30年11月)

本文にジャンプします
「拉致問題の早期解決を願う国民のつどいin米子」を開催しました(平成30年11月)

平成30年11月20日(火曜日)、米子コンベンションセンターにおいて、「拉致問題の早期解決を願う国民のつどいin米子」を開催し、約340人のかたにご参加いただきました。

この「つどい」は、政府拉致問題対策本部、鳥取県、米子市、日南町、大山町、伯耆町、北朝鮮拉致問題早期解決促進鳥取県議会議員連盟および北朝鮮に拉致された日本人を救出するための鳥取の会の共催により行ないました。

当日は「つどい」の前に、内閣官房総務・拉致被害者等支援室長の西泉内閣参事官に拉致問題の早期解決をめざした要望を行ないました。

そして「つどい」では、政府主催者および地元主催者代表挨拶、拉致被害者御家族・松本孟さん(松本京子さんの兄)の訴え、「特定失踪者」ご家族・上田淳則さん(上田英司さんの兄)の訴え、西岡力さん(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長)の講演、地元ゴスペルグループによる帰国を願うコンサートが行なわれました。
国民のつどい米子

掲載日:2019年1月9日