県指定保護文化財 上淀廃寺跡出土壁画・塑像 附 瓦・土器類

本文にジャンプします
メニュー
県指定保護文化財 上淀廃寺跡出土壁画・塑像 附 瓦・土器類

上淀廃寺跡出土壁画・塑像 附 瓦・土器類( かみよどはいじあとしゅつどへきが・そぞう つけたり かわら・どきるい )

 壁画「神将」

壁画「神将」

 壁画「菩薩」

壁画「菩薩」

平成3年(1991)以降、上淀廃寺跡から出土した多量の壁画・塑像は、地方における仏教文化の定着を示すものであり、また飛鳥時代の寺院の堂内荘厳(しょうごん)を復元しうるものとして高く評価されます。

壁画は金堂(こんどう))内側の壁に描かれていたようです。寺が建てられた7世紀終り頃と8世紀中頃の2つの時期にわたって、仏教の説話などを描いたものと考えられます。これまでに出土した壁土片は約6,000点に及び、その約1/3に彩色が認められます。火災による熱を受けたことにより、緑青(ろくしょう)など鉱物系の顔料(がんりょう)を除いて当時の彩色は失われていますが、分析等によって赤・黄・緑・青・白・黒の6系統、812種類の色を持つ顔料が使用されたと推定されています。

塑像(粘土造りの仏像)片も4,000点近く出土しています。塑像も2時期にわたって製作されており、金堂だけでなく塔跡からも出土しています。金堂の本尊は丈六三尊(じょうろくさんぞん)で、高さ2.4mの如来坐像(にょらいざぞう)を中心に、両脇に高さ3mの菩薩立像(ぼさつりゅうぞう)、その他にも高さ1m前後の四天王(してんのう)や八部衆(はちぶしゅう)とみられる断片も見つかっています。

塑像「菩薩の衣」

塑像「菩薩の衣」

上淀廃寺式の軒丸瓦

上淀廃寺式の軒丸瓦

「寺」の文字を刻んだ土器

「寺」の文字を刻んだ土器

「癸未年(みずのとひつじのとし)」の文字を刻んだ瓦

「癸未年(みずのとひつじのとし)」の文字を刻んだ瓦

掲載日:2022年2月15日

広告

  • 広告:ゴミのことならほうき小僧
  • 広告:湧くわく天然温泉ラピスパ
  • ともしび会広告バナー
  • ソンズ株式会社バナー   高校バナー画像 ネットKEN広告画像
 

バナー広告のご案内