全日本女子ボクシング選手権大会出場者が市長表敬訪問されました

本文にジャンプします
全日本女子ボクシング選手権大会出場者が市長表敬訪問されました

全日本女子ボクシング選手権大会出場者 市長表敬訪問

平成30年12月に長崎県立総合体育館で開催された「第17回全日本女子ボクシング選手権大会」において、米子西高校3年生の入江聖奈(せな)選手がシニアの部フェザー級で優勝、米子南高校3年生の木下鈴花(りんか)選手も同じくシニアの部フライ級で3位という素晴らしい成績を収められました。
昨年は二人ともジュニアの部でチャンピオンでしたが、今年は高校生ながらシニアの部に出場し、大学生や社会人と戦っての快挙でした。

メダルと賞状を手にする選手の二人と伊木市長
<写真>:伊木市長を表敬訪問する選手のお二人
(左から)木下選手、伊木市長、入江選手

昨年からさらにパワーアップした選手たちを迎え、伊木市長からは「シニアで勝負できる実力は間違いありません。オリンピックまであと一歩。今年一年充実した選手生活を送ってください。」と激励の言葉がありました。
入江さんからは「課題を克服してもっと強くなる。オリンピックに内定して、米子市をPRしたい。」と。木下さんからは「大学生になっても頑張りたい。オリンピックでメダルをとれるよう課題を克服していく。」と、うれしい言葉をいただきました。

笑顔で賞状を見せる木下さんと入江さん
夢の舞台をめざして頑張ってください!

掲載日:2019年1月30日