子どもの人権に関する図書

本文にジャンプします
メニュー
子どもの人権に関する図書
«
題名 著者・編者 出版元 出版年
数字
10代の子をもつ親が知っておきたいこと―思春期の心と向きあう  水島広子  紀伊國屋書店   2011
500人のいじめられ日記 土屋守 青弓社 1995
数字・英字・五十音の選択へ戻る
英字
CAPへの招待 CAPセンター・JAPAN編 解放出版社 2004
DVにさらされる子どもたち 加害者としての親が家族機能に及ぼす影響 ランディ・バンクロフト 金剛出版 2004
Q&A子ども虐待問題を知るための基礎知識 小木曽宏 明石書店 2004
Q&A少年非行と少年法 第一東京弁護士会少年法委員会編 明石書店 2000
Say“No!” “やめて!”といおう―悪い人から自分をまもる本 安藤由紀 岩崎書店 2004
数字・英字・五十音の選択へ戻る
あ行
アーベル指輪のおまじない 横湯園子 岩波書店 1997
愛しあっていたのに、なぜ? ジル・クレメンツ 偕成社 1998
アジアの子ども 「アジアの子ども」編集委員会編 明石書店 1997
アジアの子どもと買春 ロン・オグレディ 明石書店 1997
アジアの蝕まれる子ども 「ストップ子ども買春」の会 明石書店 1996
あなたが守る あなたの心・あなたのからだ 森田ゆり 童話館出版 1997
あなたは子どもの心と命を守れますか! 武田さち子 WAVE出版 2004
生きにくい子どもたち 岩宮恵子 岩波書店 1997
「いじめ」Q&A 人権実務研究会編 ぎょうせい 1995
いじめ14歳のMessage(メッセージ) 林慧樹 小学館 1999
いじめないで! 土屋守編 青弓社 1995
いじめられっ子ばんざい 有本倶子 河出書房新社 1996
忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス 明橋 大二 一万年堂出版 2007
痛いじゃないか! 東野聖都 インパクト出版会 1998
うちの子に限って!? 子どもの心の病気を知る本  宮田雄吾/文 中村ユキ/マンガ  学研教育出版   2010
うまれてきたんだよ 内田 麟太郎 解放出版社 2008
絵本処方箋  落合恵子  朝日新聞出版   2010
おかあさんがもっと自分を好きになる本 子育てがラクになる自己尊重トレーニング  北村年子  学陽書房   2006
おとなのための子どもの権利条約 鈴木祥蔵・桂正孝・森実 解放出版社 1998
親がかわれば、子どももかわる 長田百合子 講談社 2001
女の子の性の本 こころもからだも私のもの 池田久美子・尾藤りつ子 共著 解放出版 2003
数字・英字・五十音の選択へ戻る
か行
輝ける子 明橋大二 1万年堂出版 2002
学校の壁 前田功・前田千恵子 教育史料出版会 1998
買われる子どもたち 無垢の叫び 大久保真紀 明石書店 1997
きこえますか子どもからのSOS 太田誠一・田中甲・池坊保子・石井郁子・保坂展人 ぎょうせい 2002
傷ついた身体、砕かれた心 アムネスティ・インターナショナル編 現代人文社 2001
気持ちの本 森田ゆり 童話館出版 2003
虐待家族の「仔」 キャロル・スミス 講談社 2000
虐待とドメステイックバイオレンスのなかにいる子どもたちへ チルドレン・ソサエテイ 明石書店 2005
虐待を受けた子どもの治療戦略 C.L.カープ T.L.バトラー 明石書店 2001
今日も娘が学校へ行かない! 松村加津子 草思社 1998
現代の少年と少年法 荒木伸怡編著 明石書店 1999
凍りついた瞳(め) ささやななえ 原作椎名篤子 集英社 1996
国連子どもの権利条約を読む 大田堯 岩波書店 1994
こころの手をつなごう 子どもが考える子どもの人権 アムネスティ・インターナショナル日本 コモンズ 2006
子育て・教育の基本を考える 子どもの最善の利益を軸に 堀尾 輝久 童心社 2007
子育てのツボ 夜回り先生50のアドバイス  水谷修  日本評論社   2010
子育てハッピーアドバイス 明橋大二 1万年堂出版 2005
子育てハッピーアドバイス2 明橋大二 1万年堂出版 2006
子育てハッピーアドバイス3 明橋大二 1万年堂出版 2006
子育てハッピーアドバイス 大好き!が伝わる ほめ方・叱り方 明橋大二 1万年堂出版 2010
子育てハッピーアドバイス ようこそ初孫の巻 孫が幸せに育つために  明橋大二  1万年堂出版 2012 
子どもオンブズパーソン 喜多明人・他編 日本評論社 2001
子どもが一週間で変わる親の「この一言」 波多野ミキ 三笠書房 2003
子どもが輝く「魔法の掃除」 平田治 三五館 2005
子どもが語る施設の暮らし 「子どもが語る施設の暮らし」編集委員会 明石書店 2001
子どもが育つお母さんの言葉がけ  汐見稔幸  PHP研究所   2010
子どもが育つ条件 家族心理学から考える 柏木 恵子 岩波書店 2008
子どもが育つ魔法の言葉 ロドシー・ロー・ノルト、レイチャル・ハリス PTP 2005
子どもが孤独でいる時間 エリーズ・ボールディング こぐま社 2001
子どもが本心を語るとき、閉ざすとき 吉田哲 新潮社 2001
子ども虐待の福祉学 浅井春夫 小学館 2002
子ども虐待の歴史と理論 ブライアン・コービー 明石書店 2002
子ども差別の社会 小沢牧子 労働経済社 1986
子どもたちの人間宣言 坂田次男 明治図書 2003
子供たちを元気にしたい。 土屋守・不破哲 白揚社 1994
子どもと生きる 河合隼雄編 創元社 1995
子どもとつくる音楽 イレーネ・ストリーター クリエイツかもがわ 2005
子どもと暴力 森田ゆり 岩波書店 1999
子どもによる子どものための「子どもの権利条約」 小口尚子・福岡鮎美 小学館 1996
子どもの笑顔を消さないで 福井達雨 日本キリスト教団出版局 1980
子どものエンパワメントを考える ヒューライツ大阪編 解放出版社 1999
子どもの虐待防止・法的実務マニュアル(改訂版) 日本弁護士連合会子どもの権利委員会編 明石書店 2001
子どもの虐待防止・法的実務マニュアル(第3版) 日本弁護士連合会 明石書店 2001
こどものけんり 名取弘文 雲母書房
子どもの権利条約 学校は変わるのか 教育科学研究会編 国土社 1995
「子どもの権利条約」と日本の子ども・子育て 増山均 部落問題研究所 1994
子どもの権利条約と子どもの権利条例 子どもの成長と発達としあわせをめざして 子どもの権利シリーズ2 長谷川 真人 三学出版 2006
子どもの権利条約と障害児 子どもの権利条約の趣旨を徹底する研究会編 現代書館 1997
子どもの権利条約と日本のマイノリティの子どもたち 反差別国際運動日本委員会編 解放出版社 1997
子どもの権利条約日本の課題95 反差別国際運動日本委員会編 労働教育センター 1998
子どもの権利条約を読み解く 大田堯 岩波書店 1998
子どもの権利と参加 ヒューライツ大阪編 解放出版社 2001
子どもの権利ノート 井上仁 明石書店 2002
こどもの権利を買わないで 大久保真紀文 自由国民社 2000
子どもの参加 国際社会と日本の歩み 財団法人アジア・太平洋人権情報センター 解放出版社 2005
子どもの自尊感と家族 親と子のゆっくりライフ  汐見稔幸  金子書房   2009
子どもの人権双書1 家庭の崩壊と子どもたち 平湯真人編 明石書店 1999
子どもの人権双書2 施設でくらす子どもたち 平湯真人 明石書店 2000
子どもの人権双書3 マイノリティの子どもたち 中川明編 明石書店 1998
子どもの人権双書4 医療と子どもの人権 吉峯康博 明石書店 1998
子どもの人権双書5 少年非行と子どもたち 後藤弘子 明石書店 1999
子どもの人権双書6 障害をもつ子どもたち 児玉勇二 明石書店 2001
子どもの人権双書7 乳幼児期の子どもたち 子どもの人権双書編集委員会 企画/坪井節子 編 明石書店 2003
子どもの人権双書8 アジアの子どもと日本 荒牧重人 明石書店 2001
子どもの人権双書9 子どもたちと性 坪井節子 明石書店 2001
子どもの人権双書10 戸籍制度と子どもたち 榊原富士子 明石書店 1998
子どもの人権双書11 宗教と子どもたち 中川明 明石書店 2001
子どもの人権大事典 市川昭午 永井憲一監修 エムティ出版 2001
子どもの人権と教育のゆくえ 河瀬哲也 たかの書房 2001
子どものためのアサーション(自己表現)グループワーク 園田雅代・中釜洋子 著 日本・精神技術研究所 2003
子どものための人権ノート 児玉勇二・安田秀士 明石書店 1998
子どもの貧困 阿部 彩 岩波書店 2008
子どもの貧困 子ども時代のしあわせ平等のために 浅井 春夫 他 編 明石書店 2008
子どもは訴える 河原政則 三晃書房 1983
子どもは毎日が旬 好感、共感、親近感が人権力を育む 明石一朗 解放出版社 2009
子どもを殺す子どもたち 福島章 河出書房新社 2005
この子はこの子でいいんだ。私は私でいいんだ 明橋大二 1万年堂出版 2004
コルチャック先生のいのちの言葉 ヤヌシュ・コルチャック 明石書店 2001
数字・英字・五十音の選択へ戻る
さ行
裁かれる少年たち 井上博道 大月書店 2001
思春期にがんばってる子 明橋大二 1万年堂出版 2002
児童虐待のSOS 徳永雅子 新企画出版社 2001
児童虐待防止法 岩井宜子 尚学社 2002
自分のことは自分でしない 杉本厚夫 ナカニシヤ出版
自分をまもる本 ローズマリー・ストーンズ 昌文社 1998
十歳のきみへ ~九十五歳のわたしから 日野原 重明 冨山房インターナショナル 2006
常識不信 21世紀教育研究所C&C編 本の泉社 2001
少女売買 インドに売られたネパールの少女たち 長谷川 まり子 光文社 2007
情緒的虐待/ネグレクトを受けた子ども ドロタ・イワニエク著/桐野由美子 監修 明石書店 2003
少年警察活動と子どもの人権 日本弁護士連合会子どもの権利委員会 日本評論社 1998
少年犯罪と少年法 後藤弘子編 明石書店 1998
少年法と子どもの人権 津田玄児 明石書店 1999
女児に対する差別と暴力 実態と撤廃に向けた取り組み 房野 桂 田中 正子 明石書店 2007
新・凍りいた瞳 ささやななえ/椎名篤子 集英社 2003
新・子どもの虐待 生きる力が侵される時 森田ゆり 岩波書店 2004
人工生殖のなかの子どもたち ジャン-フランソワ・マティ 築地書館 1995
性虐待の父に育てられた少女 川平那木 解放出版社 2005
世界の児童労働 OECD 明石書店 2005
続凍りついた瞳(め)被虐待児からの手紙 ささやななえ 原作椎名篤子 集英社 1999
それでも少年を罰しますか 野口善國 共同通信社 1998
数字・英字・五十音の選択へ戻る
た行
だから、あなたも生きぬいて 大平光代 講談社 2000
小さな手、折れた翼 落合恵子他著 国土社 2000
翼ひろげる子 明橋大二 1万年堂出版 2003
どうして私は養子になったの? キャロル・リヴィングストン 明石書店 2003
毒になる親 一生苦しむ子供 スーザン・フォワード 講談社 2001
問われる子どもの人権 日本弁護士連合会編 こうち書房 1997
数字・英字・五十音の選択へ戻る
な行
日本の青少年の生活と意識 総務庁青少年対策本部編 大蔵省印刷局 1997
ネズミと怪獣とわたし―やってみよう!アサーティブトレーニング パット・パルマー 原生林 1994
ネット犯罪から子どもを守る 唯野司 MYCOM新書 2006
数字・英字・五十音の選択へ戻る
は行
白書スクール・セクシュアルハラスメント 子ども性虐待防止市民ネットワーク・大阪編 明石書店 2001
パパ権宣言! お父さんだって子育てしたい  川端裕人・岸裕司・汐見稔幸  大月書店   2006
母という暴力 芹沢俊介 春秋社 2001
被虐待児からのメッセージ凍りついた瞳がみつめるもの 椎名篤子:編 集英社文庫 1997
非行問題2008 全国児童自立支援施設協議会 全国児童自立支援施設協議会 2008
表現する子ども達 大阪市同和教育研究協議会編 大阪市同和教育研究協議会 1998
ファミリー・バイオレンス 子ども虐待発生のメカニズム 井上 真理子 晃洋書房 2005
フィリピンの子どもたちはなぜ働くのか マリア・ロザリオ。ピケロ・バレスカス 明石書店 1997
不登校児からの手紙 立川孝 日本評論社 1994
不登校のこころ 渡辺位 教育史料出版会 1997
文化としてのいじめ問題 藤井護郎 農文協 1997
平成10年度版青少年白書 総務庁青少年対策本部編 大蔵省印刷局 1999
ボクって邪魔なの? 吉永みち子 小学館 2004
ぼくは12歳、路上で暮らしはじめたわけ。 私には何ができますか?その悲しみがなくなる日を夢見て  国境なき子どもたち  合同出版   2010
ぼくは13歳 職業、兵士。あなたが戦争のある村で生まれたら 鬼丸昌也・小川真吾 合同出版 2005
数字・英字・五十音の選択へ戻る
ま行
みんなの命輝くために 黒田ジャーナル 解放出版社 2000
数字・英字・五十音の選択へ戻る
や行
闇の子供たち 梁石日 解放出版社 2002
養護施設と子どもたち 児童養護研究会編 朱鷺書房 1998
養護施設の児童虐待 恩龍園の子どもたちを支える会 明石書店 2001
よくわかる「子どもの権利条約」事典 喜多明人・文/内田玉男・画 あかね書房 1995
数字・英字・五十音の選択へ戻る
ら行
数字・英字・五十音の選択へ戻る
わ行
忘れられた子供たち 四ノ宮浩 中央法規出版 1998
わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて。~児童労働者とよばれる2億1800万人の子どもたち~ 岩附由香・白木朋子・水寄僚子 合同出版 2007
私のいじめられ日記 土屋怜・土屋守 青弓社 1994
数字・英字・五十音の選択へ戻る
掲載日:2012年8月22日

広告

  • 広告:ゴミのことならほうき小僧
  • 広告:湧くわく天然温泉ラピスパ
  • ともしび会広告バナー
  • ソンズ株式会社バナー   高校バナー画像 ネットKEN広告画像
 

バナー広告のご案内