前年中に医療費として80万円支払いました。医療費控除の額は?

本文にジャンプします
メニュー
前年中に医療費として80万円支払いました。医療費控除の額は?

私は、前年中に妻が病気で入院し、医療費として80万円支払いました。医療費控除の額はいくらになりますか?

私は、前年中に妻が病気で入院し、医療費として80万円支払いました。医療費控除の額はいくらになりますか?
なお、私の前年中の所得は450万円、保険会社からの補てん金は50万円です。
医療費控除額は、次の2とおりの計算の結果、高いほうの金額となります。
1.「前年中に支払った医療費保険などで補てんされる金額」 マイナス10万円
2.「前年中に支払った医療費保険などで補てんされる金額」 マイナス 「総所得金額等の5パーセント」
あなたの場合、1の式では20万円、2の式では75,000円となりますので、医療費控除額は高いほうの金額、20万円になります。
医療費控除の対象となるものには、次のようなものがあります。
・医師、歯科医師などによる診療・治療代
・治療、療養のための医薬品の購入費
・通院費用、入院の部屋代などの治療をうけるために直接必要なもの
ただし、次のようなものは医療費控除の対象になりません。
・医師などに対する謝礼
・健康診断や美容整形の費用
・健康増進や疾病予防のための医薬品、健康食品の購入費
・治療を受けるために直接必要としないメガネ・コンタクトレンズ・補聴器の購入費
医療費控除を受けるためには、所得税の確定申告書あるいは市県民税の申告書を提出する必要があります。そのとき、支払った医療費の領収書を申告書に添付するか、提示する必要があります。
<No. 67>
更新日:2011年3月24日