ミニシンポジウム「DVの中で育った子どもたち」を開催します(平成19年12月)

本文にジャンプします
ミニシンポジウム「DVの中で育った子どもたち」を開催します(平成19年12月)

配偶者や恋人からの暴力「ドメスティック・バイオレンス(DV)」。
その本当の恐ろしさを、あなたは考えたことがありますか?
愛する家族の暴力がどれだけ子どもたちの心を傷つけるかを…

12月2日に、ミニシンポジウム「DVの中で育った子どもたち…子どもたちの心身に与える深刻な影響」を開催します。
入場無料です。

ミニシンポジウム「DVの中で育った子どもたち」

…子どもたちの心身に与える深刻な影響

日時

平成19年12月2日(日曜日) 午後1時から3時30分

会場

米子コンベンションセンター 小ホール(米子市末広町)

内容

基調講演「DVの中で育った子どもたち」

講師:川崎政宏さん(弁護士)

アンケート報告

安田寿子さん(女性と子どもの民間支援みもざの会代表)

シンポジウム

コーディネーター:川崎政宏さん

シンポジスト

岡空輝夫さん(小児科医)
市場恵子さん(心理カウンセラー)
池田博子さん(DVサバイバー)

当日は、託児と手話通訳があります。
託児を希望されるかたは、11月26日(月曜日)までに、お子さんの人数と年齢を添えて、人権政策課(電話:23-5416)まで申し込んでください。

掲載日:2007年11月13日