ミニシンポジウム「見えにくい障がいを知ってほしい」(平成23年1月)

本文にジャンプします
ミニシンポジウム「見えにくい障がいを知ってほしい」(平成23年1月)

認知症、高次脳機能障がい、聴覚障がい、発達障がいなど、外見からはわかりにくい障がいを持つ人の、生活上の不自由さについて、当事者や家族が語るシンポジウムを開催します。これらの障がいへの理解を深めるとともに、地域における取り組みを紹介します。

見えにくい障がいを知ってほしい

平成22年度人権協働ネットワーク「ミニシンポジウム」実施事業、県民カレッジ連携講座

日時

平成23年1月9日(日曜日) 午後1時から4時

会場

米子コンベンションセンター 小ホール

内容

基調講演

演題:「さまざまな見えにくい障がいを理解する」

講師:鳥取県精神保健センター所長  原田 豊 さん

音楽演奏と職場紹介

コリンズ(高次脳機能障害者バンド)

シンポジウム

テーマ「見えにくい障がいを知ってほしい」

シンポジスト

  • 若年認知症当事者のかた、または家族

  • 高次脳機能障がい当事者のかた

  • 聴覚障がい当事者のかた

  • 発達障がい当事者のかた

参加は無料です。事前の申込は必要ありません。
手話通訳、要約筆記を行ないます。

お問い合わせ先

コミュニケーション障がいを知る実行委員会
(担当:山口さん)
電話:(0859)31-5003

米子市人権政策局 人権政策課
電話:(0859)23-5416

掲載日:2010年12月20日