在宅医療廃棄物(家庭で行なわれる医療行為に伴って発生する廃棄物)の処分方法について

本文にジャンプします
メニュー
在宅医療廃棄物(家庭で行なわれる医療行為に伴って発生する廃棄物)の処分方法について

注射器、インスリン自己注射筒、注射針、点滴回路

必ず通院中の医療機関や入手先の薬局等にお返しください。

栄養バッグ、ストーマバッグ、CAPDバッグ、カテーテル類、チューブ類

バッグやチューブ内の残液・汚物を取り除き、軟質プラスチック部分は「可燃ごみ」、流量調節部分などの硬質プラスチック部分は「不燃ごみ」で出してください。


掲載日:2022年5月20日