当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

日本脳炎予防接種(特例措置)

本文にジャンプします
日本脳炎予防接種(特例措置)

平成7年6月1日から平成19年4月1日までの間に生まれたかたで、平成17年から平成21年までの接種勧奨の差し控えにより日本脳炎の予防接種機会を逃されたかたは、特例措置により、残りの接種を20歳まで受けることができるようになりました。

  • 平成7年5月31日以前に生まれたかたは、今回の特例措置の対象外です。
  • 平成19年4月1日以降に生まれたかたは、次の接種方法でなるべく早く接種をしましょう。

従来の接種方法と回数


接種回数 対象年齢 接種間隔
1期
初回 2回 3歳から7歳6か月未満
1週間から4週間
追加 1回 初回終了後、概ね1年後
2期
1回 9歳から13歳未満

特例対象者の接種方法と回数

(平成7年6月1日から平成19年4月1日の間に生まれたかた)

接種済みの回数 対象年齢と接種回数
接種間隔
1期

1期初回2回と
追加の1回がまだのかた
(日本脳炎を1度も
接種していないかた)
20歳未満

1期初回を2回 1週間から4週間
1期追加を1回 初回終了後、概ね1年後
1期初回の1回が
終わっているかた
初回の残り1回と
追加の1回
6日以上の間隔をあけて2回
 1期初回の2回が
終わっているかた
1期追加の1回  
2期 1期の追加まで
終わっているかた
9歳から
20歳未満
1回 1期の3回接種が終わって
いるかたで、1期終了後
6日以上あける

接種はなるべく早い時期に医療機関へご予約のうえ、受けてください。

  • 母子健康手帳で接種履歴をご確認ください。紛失などで確認ができない場合は、かかりつけの医師または健康対策課へお問い合わせいただき、残りの接種をしてください。
    (転入されたかたは、転入前の市町村で履歴を確認してください。)
  • 母子健康手帳がない場合は、接種できません。

日本脳炎予防接種を受けるときの保護者同伴について

13歳未満のお子さんの接種は保護者の同伴が必要ですが、13歳以上のお子さんの場合は、同意書により保護者の接種の同意が確認できれば、保護者同伴なしでも接種が可能です。
保護者同伴なしでの接種を希望されるかたは、健康対策課までご連絡ください。

日本脳炎予防接種は平成17年からどうなったの…?

平成17年5月

マウス脳製法の日本脳炎ワクチンとADEM(急性散在性脳脊髄炎)との因果関係から日本脳炎の積極的勧奨を差し控えました。

平成21年6月

新ワクチン(乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン)が承認され、1期について使用が可能になりましたが、積極的な勧奨の差し控えは継続されていました。

平成22年3月

マウス脳製法の日本脳炎ワクチンが期限切れのため使用できなくなりました。

平成22年4月

1期の標準年齢に該当する3歳の初回接種を対象に接種勧奨が再開されました。

平成22年8月

乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンでの2期の接種が開始されました。

平成23年5月

平成17年の接種勧奨の差し控えで接種機会を逃されたかたへの特例措置により、平成7年6月1日から平成19年4月1日までの間に生まれたかたは、残りの接種を20歳まで受けることができるようになりました。

参考

日本脳炎の予防接種についてのご案内

 PDF  「日本脳炎ワクチン接種に係るQ&A」(厚生労働省ホームページ)
 リンク・新しいウィンドウが開きます …  定期の予防接種について(厚生労働省ホームページ)

掲載日:2012年3月23日