もっと知りたい!米子城

本文にジャンプします
もっと知りたい!米子城
国指定史跡 米子城跡

米子城跡の危険木を伐採しています(平成30年8月から12月)

工事期間中は、通行の安全に支障を及ぼすおそれのあるときに、テニスコート及び駐車場の使用ができなくなるとともに、枡形からの登城路を通行規制します。

くわしくは、次のリンクをご確認ください。

リンク … 米子城跡の危険木を伐採します(平成30年8月から12月)

商都・米子に築かれた名城「米子城」

米子城跡天守台からの眺望。青空の下に米子市街が広がっています
<写真>米子城跡天守台からの眺望

米子市の中心地、標高90メートルの湊山に築かれた米子城は、別名「久米城」とも呼ばれ、山陰地方で他に先駆けて築かれた本格的な近世初期の城郭です。

当時の建造物は全て失われてしまいましたが、石垣や礎石などは城郭の形態をよくとどめ、また、文献や絵画資料なども数多く良好な状態で伝えられており、平成18年に国史跡に指定されました。

現在、湊山周辺は「湊山公園」として市民の憩いの場として利用されており、西伯耆(にしほうき)を一望できる天守台からの眺望は、今なお、多くの人々から親しまれています。