米子駅南北自由通路・駅南広場等の整備

本文にジャンプします
メニュー
米子駅南北自由通路・駅南広場等の整備
がいなロード北側外観の写真

米子駅南北自由通路等に関する新着情報

がいなロードとは

 

がいなロードは、令和5年7月29日に供用開始した、米子駅の南北をつなぐ米子市道です。
これまで駅の南北間を移動するには遠回りする必要がありましたが、がいなロードを通ることで短時間で移動できるようになりました。また、駅の南側には新たに広場を整備し、交通ロータリーや一般車駐車場、これまで駅北広場になかったバスの駐車場などを設けています。駅へのアクセスが南側からも可能になることで駅の機能強化が図られるほか、アクセスの分散による駅北側の混雑緩和が期待できます。
がいなロードは駅の営業が終わった後も含め24時間通行できるほか、自転車も押して通ることができます。また、ユニバーサルデザインを取り入れ、だれもが安全に、安心して利用できる施設となっています。

がいなロード北側外観 がいなロード南側外観

旧米子駅の写真 がいなロード開通前の迂回ルート

リンク・新しいウィンドウで開きます 計画平面図 (PDFファイル 902キロバイト)

がいなロード開通による効果

  • 駅の南北地区がつながることで、移動の円滑化や歩行者の回遊性が向上するほか、米子駅へのアクセスが駅南側にも分散することにより、駅北側への交通集中による混雑緩和が期待できる。
  • 駅へのアクセス方法が増えることにより、交通結節点としての機能強化が図られ、山陰の玄関口にふさわしい都市環境が創造できる。
  • 駅周辺の交流人口の増加により、駅南地区等への民間事業者進出の可能性を高め、地域の活性化に寄与する。
  • 車中心から公共交通と歩行者中心の空間への転換する「歩いて楽しいまちづくり」の核として、駅周辺の賑わい創出の契機となる。

隣接施設(米子駅新駅舎、シャミネ米子)

がいなロードの開通に伴い、米子駅の改札が1階から2階へ移り、がいなロードと改札が直接つながっています。
また、隣接する商業施設「シャミネ米子」へも同フロアで連絡しており、駅、がいなロード、商業施設が一体となった機能的で利便性の高い空間となっています。

がいなロード内の写真 がいなロード見取り図

 

最終事業費見込み

約7,579百万円

内訳
費目 金額
自由通路工事費  2,995百万円
駅南広場工事費 346百万円
測量・設計費 293百万円
補償費および用地費  
3,945百万円

なお、がいなロードおよび米子駅南広場は、国の交付金(社会資本整備総合交付金)や鳥取県からの財政支援をもとに整備を行ないました。

リンク・新しいウィンドウで開きます 事業費財源別内訳 (PDFファイル 201キロバイト)

諸元

がいなロードと駅南広場の諸元は次のとおりです。

がいなロード

 延長   約140メートル(線路上空 約100メートル) 
 幅員   6.0メートル
 階数   2階 
 建築面積   約1,500平方メートル
 延床面積   約2,000平方メートル 
 建物高さ   約13メートル
 昇降設備 

 エレベーター2基(自転車可)

 エスカレーター3基(北側昇降、南側昇り)

 トイレ   南北1階に各1か所(男性、女性、バリアフリー) 
 その他   自転車は押して通行が可能 

駅南広場

 面積   4,919平方メートル 
 バス乗降場   2台 
 タクシー乗降場   2台
 身障者用乗降場   1台 
 一般車降車場   3台 
 タクシー待機場   8台 
 バス駐車場   4台(大型3台、中型1台) 
 一般車駐車場   29台(身障者用駐車場1台を含む) 
 駐輪場   142台 

広告

  • 広告:ゴミのことならほうき小僧
  • 広告:湧くわく天然温泉ラピスパ
  • ともしび会広告バナー
  • ソンズ株式会社バナー   高校バナー画像 ネットKEN広告画像
 

バナー広告のご案内