これまでの取り組み

本文にジャンプします
メニュー
これまでの取り組み
年度 検討内容
1995年度
(平成7年度)
「米子駅周辺整備計画調査」を実施
  • 線路上空に駅と地盤を作る「橋上駅+人工地盤(注)」、線路を上空に持ち上げる「鉄道の高架化」、線路上空に駅と通路を作る「橋上駅+自由通路」の3案について比較。
※注…人工地盤とは2階部分に作る幅の広い通路  
1997年度
(平成9年度)
「米子駅周辺整備基本構想」を作成
  • 上記3案を検討した結果、操車場などの鉄道施設の移転を伴う案は、実現性が困難と判断し、「橋上駅+自由通路」案を選定。
  • 自由通路の位置については、駅北広場の東側、中央、西側の3案を検討し、橋上駅や駅北広場との一体利用、利用者の利便性、施工性、支障建物などについて総合的に評価した結果、駅の中央が最も妥当な位置と評価。
2005から
2006年度
 (平成17から
18年度)
「米子駅南北一体化基本計画」を作成
  • 平成9年度の案を基本として、自由通路の必要な幅員、駅南広場の必要な機能を考慮し、駅利用者、バス・タクシー利用者などの歩行者動線を検討し、自由通路の位置は橋上駅と一体的な利用ができる、現在計画している位置が最も高い評価となった。
2013年度
(平成25年12月)
事業着手の表明
2014年度
(平成26年度)
線路上空に作る橋上駅より安価となる地上2階部分に駅を作る半橋上駅への変更案について検証を行ない、現在の計画素案を作成した。
※事業開始
2015年度
(平成27年度)
測量地質調査、補償予備調査、予備設計の実施
2016年度
(平成28年度)

都市計画決定し、事業認可を受けた。

補償本調査、駅南広場詳細設計、JR西日本に対する補償の一部を実施した。

2017年度
(平成29年度)
JR西日本等に対する補償の一部を実施した。
 2018年度
(平成30年度)
自由通路詳細設計、JR西日本等に対する補償の一部を実施した。
 2019年度
(平成31年度)
自由通路詳細設計(2018年度継続)、JR西日本等に対する補償の一部を実施した。

2020年度に実施していること

リンク … 2020年度に実施していること

掲載日:2018年10月9日