狭あい道路拡幅整備事業

本文にジャンプします
メニュー
狭あい道路拡幅整備事業

わたしたちの身近にある道路において、道路幅の狭い道路は、日常の交通をはじめ、救助活動や緊急時・災害時の避難、採光・通風などの住居環境の支障となっています。
これらの問題を改善するため、米子市では、道路幅が4メートルに満たない道路、いわゆる“狭あい道路”を拡幅整備する「狭あい道路拡幅整備事業」を実施しています。

狭あい道路拡幅整備事業の概要

  • 狭あい道路の道路幅を4メートルにするために、皆さんから、狭あい道路の中心線から2メートル後退した道路後退用地を提供(米子市による買収又は寄付)していただき、米子市が測量・登記・道路整備を行ないます。
  • 道路後退用地内にある門・塀・生垣などの支障物件(家屋、倉庫等の建物を除く)の撤去や移設にかかる費用については、補償費をお支払いします。

参考資料

リンク・新しいウィンドウで開きます 狭あい道路拡幅整備事業パンフレットPDF 581キロバイト 
リンク・新しいウィンドウで開きます 米子市狭あい道路拡幅整備要綱PDF 132キロバイト)
リンク・新しいウィンドウで開きます 米子市狭あい道路拡幅整備要領PDF 242キロバイト)

掲載日:2021年7月15日