出水期に備えて確認しておきましょう

本文にジャンプします
メニュー
出水期に備えて確認しておきましょう

 事前の備えをしておきましょう

6月から10月は、集中豪雨や台風などで川が増水しやすい時期(出水期)です。
災害に対する備えは、当然のことながら「災害が起こる前」にしておかなければなりません。
災害時にスムーズに家から出ることができますか?
大事なものを持って出られるように準備してありますか?
雨が本降りになる前に、早めに準備をしておきましょう。

リンク … 「今すぐ始める災害への備え」

強い雨や風は、思わぬ場面で被害を及ぼします。
家の外に風で飛びそうなものはありませんか? 【家や歩行者・車などに被害を出す恐れがあります】
側溝などにゴミや草が詰まっていませんか? 【うまく排水されず道路や家に水が流れる恐れがあります】
日頃から確認しておきましょう。

リンク … 台風・豪雨を知る
リンク … 土砂災害を知る

気象情報やハザードマップについて確認しておきましょう

この時期は全国各地で大雨や河川の氾濫に伴う被害が報告されているところですが、台風の進路や川の増水は、ある程度予測ができるものです。
気象庁や市が発表する情報に注意し、早い段階で安全な場所に避難することが命を守ることにつながります。

リンク … 気象庁(国土交通省)
        全国の気象情報や防災情報を見ることができます。
リンク … 鳥取地方気象台   
        市町村ごとの雨雲の動きや、その時点での危険度分布を見ることができます。
リンク … リアルタイム雨量・河川・道路・カメラ情報(鳥取県) 
        県内河川に関する情報を見ることができます。

「避難」は「難を避ける」と書きます。
災害の種類や大きさによっては、避難先は必ずしも市の指定する避難所に限りません。
親戚や友人の家などの安全な場所や、外に出ることが危険と感じるような状況においては自宅の2階や近隣の建物の高いところ、崖から離れたところで安全を確保してください。
また、市が公表している洪水ハザードマップでは、洪水が起こったときの想定される浸水区域及び浸水の深さを地図に表示しています。
家族や地域で、上記の避難の考え方と洪水ハザードマップを参考に、逃げるタイミングや避難先を検討し、出水期に備えましょう。

リンク … 防災マップ(ハザードマップ)

コロナ禍における避難について

新型コロナウイルス感染症の予防対策として、災害時には可能な限り多くの避難所を開設することにより避難所での過密状態の防止や、十分な換気、マスクの配布、消毒液の配置など、衛生環境をできるだけ整え、感染症拡大防止に努めることとしています。
なお、コロナ禍における避難については、次の事項へのご理解、ご協力をお願いいたします。

親戚・友人宅などへ避難の検討

土砂崩れや洪水などの恐れがなく自宅等で安全確保が可能な場合は、必ずしも避難所へ行く必要はありません。
感染リスク等を考慮して行動してください。
避難所における過密状態を防ぐため、事前に親戚や友人の宅などへの避難についてもご検討をお願いします。

避難時に必要な物の持参

避難所における市の備蓄品にも限りがあります。
マスク、消毒液、体温計などの感染予防グッズのほか、自分に必要なものは、ご自身で持参していただきますようお願いします。

避難所での感染症対策

避難所でのマスクの着用、手洗い、咳エチケット等、基本的な感染症対策の徹底や、十分な換気、3つの密(密閉、密集、密接)の回避等へのご理解、ご協力をお願いします。

新型コロナウイルスへの感染が疑われる方の避難について

新型コロナウイルスへの感染などが疑われる方は、避難所に避難する前に市の新型コロナウイルス対策に係る電話相談窓口(23-5452)に連絡し、ご相談ください。

掲載日:2021年7月6日