今すぐ始める災害への備え

本文にジャンプします
今すぐ始める災害への備え

家具の転倒・落下防止対策をしておこう

災害時に家から出るための避難路は確保できていますか?
地震が起きた時に、寝室から、浴室から、ダイニングから安全に逃げることはできますか?
家具が倒れてきたり、上からさまざまな物が落下してこないよう対策をしておきましょう。
大事なものをすぐ持って出られるよう、準備をしておきましょう。

非常用持出袋を用意しよう

家族構成に合わせ、必要最小限のものを用意しましょう。
たくさん詰め込みすぎず、持って動ける重さに分散しておきましょう。
持ち出しやすい場所に保管しておきましょう。

一次持出品

避難するとき、まず最初に持ち出す物の例です。

  • 命を守るために必要な物
    • 笛、ホイッスル 【自分の居場所をしらせる場合などに使います】
    • 懐中電灯、予備電池  
    • タオル、ティッシュ
    • 雨がっぱ、ヘルメット   
    • 応急医薬品(ばんそうこう、きず薬、包帯、胃腸薬、鎮痛剤など)
    • メモ帳、筆記用具 【居場所のメモを残す場合などに使います】
    • 親族や知人等の連絡先 【携帯電話のアドレス帳は電池が切れると見ることができません】
  • 生活に必要な物
    • ミネラルウォーター
    • 非常食品(かんパン、缶詰など火を通さず食べられるもの)
    • マッチ、ライター、缶きり
    • 歯ブラシ、携帯トイレ、ボディシート
    • 下着や上着などの衣類
    • ラジオ、予備電池
    • スマートフォン用の予備バッテリ
    • 硬貨を含む現金  【公衆電話を使用するときやキャッシュレス決済ができない場合などに使います】
    • 印鑑、預貯金通帳、免許証など   
  • 自分にとって必要な物
    • 予備のめがね、コンタクトレンズ
    • 常用している薬
    • 生理用品
    • 赤ちゃん用の粉ミルク

二次持出品

復旧までの数日間(最低3日分)を自足できるように準備しておく物の例です。

  • 食料
    • 水(ペットボトルなど)
    • 米(アルファ米など)
    • 缶詰、レトルトなど
    • 調味料、梅干し、菓子類
  • 食器、調理用具
    • 水筒、紙皿、紙コップ、ナイフ
    • なべ、やかん
    • バケツ、ポリ容器
    • 燃料(卓上コンロ、ガスボンベ、固形燃料)
  • 生活用品
    • 毛布、寝袋
    • 洗面器具、せっけん、水のいらないシャンプー

災害に備えて家族会議を

家族で「ミニ防災会議」を開いて、日ごろから家庭で連絡方法や避難場所などを確認しておきましょう。

非常持出品のチェック

非常食や飲料水が期限切れになっていないか、チェックしましょう。

避難場所の確認

自宅からの避難場所、学校や勤務先からの避難場所も全員で確認しましょう。

リンク … 「あなたの避難所」

避難経路の確認

突然災害が襲ってきたら、自宅から無事に外へ出ることができますか?
家の中に危険な場所や、通路をふさぐ恐れがないか確認しましょう。
また、家から避難場所までのルートにも危険個所がないかあらかじめ確認しておきましょう。

家族間の連絡方法

玄関の張り紙などを使い、安否情報を伝えるように話し合いましょう。
また、家族が離れてしまったとき、最終的に落ち合う場所も決めておきましょう。

家族の役割

電源を切りガスの元栓を閉める係、お年寄り・小さな子ども・障がい者を避難させる係、持ち出す荷物の分担などを決めます。
昼間、夜間それぞれの場合についても話し合いましょう。

家族ひとりひとり、「防災カ-ド」を作って、身につけておきましょう。

【参考】
新しいウィンドウで開きます。 「防災カード」 PDF 22.9キロバイト)

掲載日:2020年3月17日