当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

【令和元年6月7日発表】4種混合ワクチン「テトラビック皮下注シリンジ」の自主回収について

本文にジャンプします
【令和元年6月7日発表】4種混合ワクチン「テトラビック皮下注シリンジ」の自主回収について

一般財団法人 阪大微生物病研究会(以下「阪大微研」と いう。)から、4種混合ワクチン『テトラビック皮下注シリンジ』一部ロットの製品(製造番号:4K23 および4K24)自主回収のお詫びとご協力のお願いがありました。

回収対象ロットの製品を接種されたかたで、有効性に不安を感じ、抗体検査を希望される場合は、検査費用を「阪大微研」が負担しますので、接種を受けられた医療機関へご相談ください。なお、抗体検査で抗体価が低かった場合の再接種についても、「阪大微研」が費用を負担します。

※接種した4種混合ワクチンのメーカーおよびロットは、母子手帳の予防接種記録のページで確認できます。
くわしくは、次のリンクでご確認ください。

リンク・新しいウィンドウで開きます … 鳥取県ホームページ「4種混合ワクチン「テトラビック皮下注シリンジ」の自主回収について」

掲載日:2019年8月27日