スマホ決済がはじまります(令和2年4月)

本文にジャンプします
スマホ決済がはじまります(令和2年4月)

令和2年4月から、スマートフォンのアプリを利用し、市税や料金などの納付ができるようになります。

スマホ決済とは…

  • スマートフォンにインストールしたスマホ決済アプリにチャージまたは銀行口座を登録
  • アプリを起動し、納付書のコンビニ払い用バーコードを読み取ることで、登録口座やチャージ残高などから納付完了
  • 納付書を金融機関やコンビニに持ち込む必要がなく、「いつでも」「どこでも」納付可能
  • 手数料不要(アプリの通信料は発生します)

スマホ決済ができる市税・料金など

市税

市県民税(普通徴収)・固定資産税・軽自動車税(種別割)
※令和2年4月1日から利用開始です。

料金など

国民健康保険料・後期高齢者医療保険料・介護保険料・保育料・なかよし学級利用料・墓地管理料・市営住宅家賃・下水道使用料・下水道事業受益者負担金・特別使用分担金・農業集落排水施設使用料・流通団地汚水処理場使用料・通所型運動機能向上事業手数料
※令和2年4月24日から利用開始です。

利用可能なスマホ決済アプリ

  • PayB
  • LINE (LINE Pay)
  • PayPay
  • 楽天銀行

納付方法

  • コンビニ収納用のバーコードが記載された納付書とスマートフォンをお手元にご用意いただき、スマホ決済アプリを起動し、画面の指示にしたがって手続きしてください。
    バーコード入り納付書のサンプル。バーコードが下のほうに入っています
  • 各アプリのインストールおよび利用方法は、各ホームページでご確認ください。
    リンク・新しいウィンドウで開きます … PayB
    リンク・新しいウィンドウで開きます … LINE(LINE Pay)
    リンク・新しいウィンドウで開きます … PayPay
    リンク・新しいウィンドウで開きます … 楽天銀行

ご注意ください

スマホ決済の取り扱いができない納付書

  • コンビニ収納用バーコードが印字されていない納付書
  • 汚損などによりバーコードの読み取りができない納付書
  • コンビニ使用期限を過ぎた納付書
  • 1枚当たりの納付額が30万円を超える納付書。ただし、LINE Payについて、水道局が交付する水道料金・下水道使用料の納付書では1枚当たり5万円以上の納付書が取扱い対象外です。

その他の注意事項

  • 領収書は発行されません。アプリ内の払い込み履歴でご確認ください。(領収書が必要な場合は、金融機関、コンビニ、市役所などの窓口で納付してください。) 
  • 納付手続きが完了した後は取り消しができません。
  • 一括納付分(全期前納分)または期別分ごとにスマホ決済の納付手続きが必要です。(一度の手続きにより、以後自動引き落としになることはありません。)
  • 納付手続き完了後も納付書はお手元に残りますので、二重納付とならないようご注意ください。
  • 納付に伴うポイントの付与については、各アプリのホームページなどでご確認ください。

口座振替をご利用のかた

  • 口座振替をご利用のかたがスマホ決済を利用するには、納期限の1か月半前までに金融機関での口座振替の解約手続きが必要です。

軽自動車税(種別割)の納税証明書について

  • 軽自動車税(種別割)の継続検査に必要となる納税証明書については、6月下旬に別途郵送します。(軽自動車税に過去の年度の滞納がなく、法定納期限内にスマホ決済を行なったものに限ります。)
  • 車検などで、すぐに証明書が必要なかたは、金融機関やコンビニの窓口で納付してください。
掲載日:2020年3月16日