令和2年度 米子市立山陰歴史館企画展「米子市役所旧館90年の歩み」

本文にジャンプします
令和2年度 米子市立山陰歴史館企画展「米子市役所旧館90年の歩み」

令和2年度米子市立山陰歴史館企画展「米子市役所旧館90年の歩み」のチラシ表面です。 令和2年度米子市立山陰歴史館企画展「米子市役所90年の歩み」のチラシ裏面です

 
*新型コロナウイルス感染拡大予防等により、内容を変更、中止する場合がございますので、予めご了承ください。
 最新情報につきましては、米子市立山陰歴史館までお問い合わせください。

「米子市役所旧館90年の歩み」

米子市役所旧館は、昭和5年(1930)に建てられました。鉄筋コンクリート3階建てで当時としては規模も大きく、山陰随一の建築物でした。設計者は、早稲田大学に建築科を創設したことでも知られる、建築家で工学博士の佐藤功一氏らです。昭和52年(1977)には米子市の有形文化財に指定され、昭和59年(1984)より山陰歴史館として活用されています。

とき

期間:令和2年6月6日(土曜日)から7月26日(日曜日)まで(毎週火曜日休館)
時間:午前9時30分から午後6時まで(最終入館は、午後5時30分まで)

ところ

米子市立山陰歴史館 第1展示室(米子市中町20番地)

主催

米子市、米子市教育委員会、一般財団法人米子市文化財団 米子市立山陰歴史館

観覧料

一般 300(前売 250)円、 (  )内は15名様以上の団体割引料金です。

  • 70歳以上のかた、大学生以下、障がいのあるかた(介助者1人を含む)は無料。

企画展関連事業      ※とっとり県民カレッジ連携講座

講演会「米子市役所旧館と米子の近代建築」 

講師 : 米子工業高等専門学校 名誉教授 和田嘉宥 氏
内容 : 米子の近代化や近代建築、米子市役所旧館の誕生と建物の特徴などについての講演会です。
日時:7月19日(日曜日)午後2時から午後3時30分頃終了予定
会場:米子市立図書館2階 多目的研修室
参加料 : 無料
定員 : 40名 電話申込(席の間隔を保つため、人数を制限しています。)
※駐車場は、米子市役所駐車場をご利用ください。会場に駐車券をお持ちいただくと、無料処理します。

見学会「山陰歴史館見学ツアー」

日時:第1回 6月13日(土曜日)午後2時30分から午後3時30分頃まで
   第2回 6月27日(土曜日)午後2時30分から午後3時30分頃まで
   第3回 7月1日(水曜日)午後2時30分から午後3時30分頃まで
会場:米子市立山陰歴史館
参加料:本企画展観覧料300円(半券でも可)
定員:各回先着15名  電話申込
※開始10分前までに山陰歴史館ロビーに集合してください。
※エレベーターはございませんので、車椅子をご利用のかたは申し込みの際にお知らせください。
※小学生以下の方のご参加は、保護者同伴でお願いします。

ホームページ

リンク・新しいウィンドウで開きます … 米子市立山陰歴史館

お問い合わせ先

米子市立山陰歴史館

電話:(0859)22-7161
ファクシミリ:(0859)22-7160

掲載日:2020年6月16日