当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

介護基盤緊急整備等臨時交付金の対象事業の実施希望を募ります(第1回)

本文にジャンプします
介護基盤緊急整備等臨時交付金の対象事業の実施希望を募ります(第1回)

このたび国により創設された、介護基盤緊急整備等臨時交付金の対象事業の実施を希望される事業者は、長寿社会課まで申し出てください。

事業の趣旨

現下の経済・雇用情勢の中、介護機能強化と雇用の創出が緊急に求められていることを踏まえ、未来への投資として、都道府県に基金を造設し、各地域において将来必要となる介護施設、地域介護拠点の緊急整備等を行ないます。

事業の内容

小規模多機能型居宅介護事業所を新設または増設した場合に、交付金を交付します。

  • 対象施設        小規模多機能型居宅介護事業所
  • 対象経費        工事費等の必要経費
  • 交付単価        1施設 2,625万円
  • 事業実施期間  平成21年度から23年度まで

資料
新しいウィンドウで開きます 介護基盤緊急整備等臨時特例交付金の概要 PDF 193キロバイト)

申出方法

「希望調査票」に必要事項を記入し、平成21年7月8日(水曜日)までに長寿社会課へファックスでお申し出ください。
折り返し、長寿社会課から受信確認票をファックス送信します。

新しいウィンドウで開きます 希望調査票 PDF 10キロバイト)

送り先

米子市長寿社会課
ファックス:(0859)23-5012

事業実施申請手続きなど

希望のあった事業者に対し、後日お知らせします。

対象施設の考えかた

国の示す要綱では、各種の小規模施設(定員29人以下、小規模多機能型居宅介護事業所、小規模特別養護老人ホーム、認知症高齢者グループホーム、夜間対応型訪問介護ステーション等)が対象になりますが、米子市では、米子市介護保険事業計画(第4期)の施設整備の考えかたや、市内の施設の整備状況を考慮し、小規模多機能型居宅介護事業所だけを対象とします。

掲載日:2009年6月26日