令和元年度米子市景観審議会が選ぶ紹介したい公共施設

本文にジャンプします
令和元年度米子市景観審議会が選ぶ紹介したい公共施設

令和元年度から、米子市内にある優れた都市景観の形成に貢献しており、市民および事業者等に広く紹介すべきと思われる公共施設(国・県・市)を年に一度、米子市景観審議会で選出し、『米子市景観審議会が選ぶ紹介したい公共施設』として市民の皆さんに紹介していくこととしました。

審議の結果、第1回目である今年度は、『米子市公会堂』を"紹介したい公共施設"として選出しました。

米子市公会堂

米子市公会堂写真

  • 扇型に広がる柱・梁(はり)によって大きな外観ボリュームが分節されている。
    また大規模改修に合わせて前庭部分も整備されている。

米子市景観審議会が選出した理由

米子市公会堂は米子市を代表する公共建築物です。日本の昭和期を代表する建築家である村野藤吾先生によって設計され、昭和33年(1958)に竣工しています。グランドピアノを模したとも言われる力強くリズミカルな外観、照明器具・ドアノブや手すりにみる造形豊かなデザインなど、村野先生のあふれる造形美が光る全国的にも著名な名建築です。

平成26年(2014)の耐震補強と大規模改修においてもこれのデザインは大切に守られ、合わせて庭園部分の整備も行なわれ、より一層街にフラットに開かれた場所になりました。造形豊かな建築ですが外観色彩は石州タイルやアースカラーを基調としており、大きな建物ボリュームも柱梁で分節されることでヒューマンスケールとなっており、周辺の景観と調和しています。

米子市角盤町の交差点において、昭和の復興期から現在までの60余年、米子の発展を見つめ続けた記念碑とも言える建築物で、米子の子どもから大人まで、幅広い世代に愛されている、米子市を代表する建築物であることから第1回にふさわしいとの意見により選出することになりました。

今後の『米子市景観審議会が選ぶ紹介したい公共施設』について

米子市内には、さまざまな公共施設があり、それぞれ素晴らしく、ランドマーク的なデザインの建築物をはじめ、橋梁(きょうりょう)、緑地など建設物についても紹介していきたいと思います。

お問い合わせ先

郵便番号683-8686  米子市加茂町1丁目1番地
米子市都市整備部 建築相談課 景観担当

電話:(0859)23-5293
ファクシミリ:(0859)23-5394
メール:kenchikusoudan@city.yonago.lg.jp

掲載日:2019年12月24日