農地の適正な管理について

本文にジャンプします
農地の適正な管理について

農地の適正管理について

適正に管理されていない農地は、雑草等の繁茂、ヌカカなどの病害虫の発生や、周辺農地に悪影響を及ぼす可能性があり、環境悪化が懸念されます。 雑草の刈り払い、雑木の伐採など、農地の適正な管理にご理解・ご協力をお願いします。

農地の利用状況調査について

農業委員会では、遊休農地の調査のため、毎年、夏から秋にかけて各地区の農地利用最適化推進委員および農業委員が中心となり、農地の利用状況の調査(農地パトロール)を行なっています。
場合により、農地に立ち入ることもありますが、極力、作業等のご迷惑にならないように気を付けますので、ご了承ください。

遊休農地に係る利用意向についての調査について

平成26年度の農地法改正に伴い、農地の利用状況調査の結果を元に遊休農地の所有者のかたに、その農地の利用意向についての調査を行なうこととしています。
利用意向に関する調査についての文書が届きましたら、ご家族やご親族のかたと相談いただきながら、今後の農地の利用意向について、ご回答いただきますよう、お願いします。

掲載日:2019年10月25日