工事入札に係る最低制限価格の算出式の見直しについて

本文にジャンプします
工事入札に係る最低制限価格の算出式の見直しについて

工事入札に係る最低制限価格ラインを予定価格の概ね90パーセント程度とするため、平成30年10月1日以降公表分から、次のとおり最低制限価格の算出式を変更します。
なお、算出結果による具体的な最低制限価格については、これまでと同様に入札前は非公表扱いとします。

変更点

(1)建築設備工事(電気工事及び機械器具設置工事は除く。)の現場管理費の割合に2/10(10分の2)を上乗せ。

変更後の算出式

区分 最低制限価格の算出式 ※下線部が変更箇所
建築設備工事
(電気工事及び機械器具設置工事は除く)
【改正前】
(直接工事費+共通仮設費+現場管理費×5/10+一般管理費×5/10)×1.08
〈改正後〉
(直接工事費+共通仮設費+現場管理費×7/10+一般管理費×5/10)×1.08

※土木工事、建築設備工事(電気工事及び機械器具設置工事)については変更ありません。

資料

リンク・新しいウィンドウで開きます 米子市建設工事最低制限価格設定要領新旧対照表 PDFファイル 81キロバイト) 

リンク・新しいウィンドウで開きます 米子市建設工事最低制限価格設定要領(平成30年10月1日改正) PDFファイル 197キロバイト) 

掲載日:2018年9月27日