米子市立小学校及び中学校で使用する電気の調達に対する質問と回答(平成27年2月16日入札分)

本文にジャンプします
米子市立小学校及び中学校で使用する電気の調達に対する質問と回答(平成27年2月16日入札分)

平成27年1月9日に、米子市立小学校及び中学校で使用する電気の調達について入札説明書を公開しました。その後、入札説明書等に対する質問がありましたので、回答を掲載します。

平成27年1月26日掲載分

質問契約保証金の具体的な免除条件をお願いします。

回答米子市契約規則第4条ただし書の規定のとおりです。
第4条   地方自治法施行令(昭和22年政令第16号。以下「令」という。)第167条の16第1項の規定により納付させる契約保証金は、契約金額の100分の10以上に相当する額とし、その納付の時期は、契約を締結する時とする。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合においては、契約保証金の全部又は一部の納付を免除することができる。
(1)契約者が、保険会社との間に、本市を被保険者とする履行保証保険契約を締結したとき。
(2)契約者が当該契約を締結する資格を有する者である場合において、当該契約者が過去2年間に国(公社及び公団を含む。第15条第2号において同じ。)又は他の地方公共団体と、種類及び規模をほぼ同じくする契約を数回以上締結し、これらの全てを誠実に履行し、かつ、契約を履行しないおそれがないと認められるとき。
(3)法令に基づき延納が認められる場合において、確実な担保が提供されたとき。
(4)物品を売り払う契約を締結する場合において、売払代金が即納されるとき。
(5)契約者の工事、製造、販売等の実績並びに経営の規模及び状況を考慮して、当該契約者が契約を履行しないおそれがないと認められるとき。
(6)前各号に掲げる場合のほか、市長が社会通念上契約保証金を納付させる必要がないと認めたとき。。

質問基本料金単価と電力量料金単価は施設ごとに異なる単価設定も可能でしょうか。

回答内訳計算書に示しているとおり、月ごとに別単価を設定することはできますが、施設ごとに別単価を設定することはできません。

質問入札金額算定時、力率はすべて100パーセントにて積算してよろしいでしょうか。

回答仕様書(10その他(1))に記載していますとおり、力率は100パーセントとして算定してください。

質問今後契約途中で消費税が増税となった場合、本契約においても増税を加味した変更契約を締結していただきますが、よろしいでしょうか。

回答当該増税及び一般電気事業者の値上げが、契約単価に影響を与える場合については協議させていただきます。

質問地域の一般電気事業者が値上げをした場合、契約単価見直しについて協議に応じて頂くことは可能ですか。

回答当該増税及び一般電気事業者の値上げが、契約単価に影響を与える場合については協議させていただきます。

質問今後「地球温暖化対策のための税」の増額があり、地域の一般電気事業者が電気料金を改定した場合、本契約においても改定を反映した変更契約を締結していただきますが、よろしいでしょうか。

回答当該増税及び一般電気事業者の値上げが、契約単価に影響を与える場合については協議させていただきます。

平成27年1月19日掲載分

質問当社の請求方法は、施設毎に電気料金を算出(端数処理を含む)して行なうものである。本件の内訳計算書では施設毎に料金を算出しないため、当社の料金算出方法による請求金額とは異なったものになるが、仮に当社が落札・契約した場合、当社の料金算出方法により、施設毎に料金を算出し、請求することで問題ないか。

回答本入札の内訳計算書は各入札参加者によって異なる料金算出方法により算出された額を同一の条件で比較するために定めたものです。契約締結後に施設毎に料金を算定し請求することは可能です。

質問予定蓄熱電力について、対象3校の月毎の予定蓄熱電力量の掲示は可能か。

回答次のとおりです。(単位はkWh)


4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
大篠津小学校 170 520 320 1870 2100 1100 390 170 430 390 410 730
崎津小学校 890 870 1070 4080 4700 3000 1730 1250 820 1560 1350 1180
福生西小学校 440 210 210 1050 1200 600 180 1580 4350 5250 5540 4790

質問「仕様書3(3)ア、イについて、当社が落札した場合は訪問による検針となるが問題ないか。

回答訪問検針で問題ありませんが、本件契約期間満了時において、次期契約者が自動検針を必要とする場合には、次期契約に支障のないよう装置の取り付けをお願いします。

質問仕様書5の契約電力の変更について、当社では契約電力500kW未満のお客様には実量値契約方式を採用しております。当社が落札した場合は協議制ではなく実量値契約方式で問題ないか。

回答実量制については問題がないと考えておりますが、契約の締結までに制度の説明をお願いします。

掲載日:2015年1月26日