防災ラジオ事業について

本文にジャンプします
メニュー
防災ラジオ事業について

防災ラジオ事業について

市は、防災情報の伝達を防災行政無線放送のほか、フリーダイヤルによる聞き直しサービス(防災無線緊急テレホンサービス)、インターネット(あんしんトリピーメール、市ホームページ、市SNS等)、テレビ等のメディアへの情報提供の活用により行っていますが、さらに新たな防災情報伝達手段として、令和3年1月12日に防災ラジオ事業を開始しました。

リンク … 防災ラジオとは?

リンク … 一般貸与募集(有償貸与)

リンク … 一般貸与(有償貸与)に関するQ&A

リンク … 自治会への無償貸与

米子市防災行政無線とFM局との連携

開始時期

令和3年1月12日

仕組み

防災行政無線の放送(公民館が行なう地区放送は除く。)を株式会社DARAZコミュニティ放送が運営するコミュニティFM「DARAZ-FM」を通じて行なうもので、市が防災行政無線で放送を行なうと同時にラジオ番組に同じ内容の無線放送が割り込んで流れます。

放送の聴き方

お手持ちまたは市販のラジオ放送受信機を周波数79.8MHzに合わせると「DARAZ-FM」で無線放送が受信可能となります。

災害時の利用など

災害発生時はもとより、台風、大雨など災害のおそれがある時に、あらかじめお手持ちのラジオ放送受信機の電源を入れ、周波数を79.8MHz「DARAZ-FM」に合わせておけば、防災無線放送時に屋内で簡単に放送を聴取することができます。また、カーオーディオ(ラジオ放送の受信が可能なものに限る)を設置している自動車でも走行中に聴くことができます。

自動起動機能付きラジオ放送受信機の貸与します(現在、貸与者の募集はしておりません。)

市は、防災行政無線で放送を行った際に自動で電源が入る自動起動機能付きラジオ放送受信機(以下「防災ラジオ放送受信機」という。)の貸与を行ないます。

貸与する防災ラジオ放送受信機とは?

防災行政無線放送の聴き方

防災ラジオ放送受信機本体が、米子市の防災行政無線放送(公民館放送等の地区放送は除く)を受信すると、自動的に起動し、無線放送をラジオで放送し、自動的に放送を終えます。特別な操作は一切必要ありません。また、ラジオ放送を聴いていたときに、米子市の防災行政無線放送を受信したときは、自動的に無線放送が割り込んだ後、元々聴いていたラジオ放送に戻ります。

ラジオ放送の聴き方

予め受信機本体に設定されている「DARAZ‐FM」、「FM山陰」、「山陰放送」、「NHK第一」、「NHK‐FM(日野局)」、「NHK‐FM(松江局)」の6局が聴くことができ、選局ダイヤルで簡単にチャンネルを変えることができます。

録音機能

米子市が防災行政無線放送を行った場合、過去3件分まで自動的に受信機本体に録音されます。聞き逃した場合等で、聞き直したい場合に利用します。※録音可能件数(3件)を超えた場合、古い放送から更新されていきます。

発光機能

防災無線放送を受信した場合、発光して受信をお知らせします。また、停電時には照明ボタンを押して非常灯として使用することもできます。

緊急放送と通常放送

災害時における避難情報など市民の皆様の生命、身体の危険に関する防災行政無線放送は、通常の無線放送と区別し、緊急放送として市内全域に放送することとしておりますが、この緊急放送時、ラジオ放送受信機は機器が持つ最大の音量で放送されます。(ご自身が危険な地域にお住まいでない場合であっても最大音量で流れることになります。)

【通常放送の例】

  1. 行方不明者の捜索
  2. 防犯情報(振り込め詐欺の注意喚起)
  3. 野生動物の出現
  4. 市のイベントに関する広報など

【緊急放送の例】

  1. 警戒レベル3以上の防災情報の発信(高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示など)
  2. Jアラート発報:緊急地震速報
  3. Jアラート発報:国民保護情報(北朝鮮のミサイル発射・着弾など)など


自治会への無償貸与

概要

 共助の観点から、地域における防災活動などに活用していただくため、市の各自治会に1台ずつ貸与しております。

使用者の変更について

※防災ラジオ放送受信機の使用・管理者を変更される場合は、次の様式の変更届を防災安全課に提出ください。
リンク・新しいウィンドウで開きます  (記載例)防災ラジオ放送受信機利用変更届(PDF 942KB)
リンク・新しいウィンドウで開きます  防災ラジオ放送受信機利用変更届( 17KB)

自治会への無償貸与に関わるQ&A

リンク・新しいウィンドウで開きます 防災ラジオ放送受信機(自治会への無償貸与)Q& A( PDF  807KB)

一般向け有償貸与(現在、貸与者の募集はしておりません。)

約3,000台を希望される世帯を対象に1台あたり2,000円で有償貸与します。
令和3年4月15日から貸与を希望する世帯を募集します。(現在、貸与者の募集はしておりません。)

【YouTube広告】

貸与の対象

  米子市に住所を有する世帯の世帯主(既に貸与を受けている世帯は除く)

貸与台数

希望する世帯につき1台を貸与します。

賃借料

1台につき、2,000円
※引き渡し時に支払っていただき、その後の支払いはありません。

申込みの受付期間

令和3年4月15日(木曜日)から同年5月21日(金曜日)まで

申込書が入手できる場所

  • 米子市役所(総合案内、防災安全課、障がい者支援課、長寿社会課)
  • 米子市公民館(29館)
  • DARAZ-FM(〒683-0063 米子市法勝寺町70番地)
  • 西部総合事務所福祉保健局(保健所)の窓口

※申込書は、掲載を終了しました。

申込みの方法

申込書を作成の上、指定の宛先に郵送していただきます。なお、防災ラジオ放送受信機の受取場所を市が指定する次の取扱事業所の中から選び第3希望まで申込書に記入していただくことができます。(詳しい申込み方法については、上記ファイル「自動起動機能付きラジオ放送受信機申込資料」を確認してください。)

リンク・新しいウィンドウで開きます 防災ラジオ放送受信機取扱事業所・一覧PDF 435KB)
※各事業所で防災ラジオ放送受信機の申込資料を入手したり、直接申込みすることはできませんのでご注意ください。

申込書の送付先

〒683-8799  米子郵便局留め
米子市防災ラジオ受付センター 
 
(送付用封筒を、申込書が入手できる窓口に設置しています)

貸与者に対する引換券の送付

申込書の審査を行ない、貸与を決定した方に対して引換券を送付します。
※市の在庫台数を超える申込みを受け付けた場合は、抽選で貸与者を決定し、当選者に対して引換券を送付します。

防災ラジオ放送受信機の引き渡し

引換券には、原則として希望された取り扱い事業所を記載しておりますので、この事業所に引換券を持参し、賃貸料を支払って防災ラジオ放送受信機に引き換えていただきます。

引渡し期間

令和3年6月7日(月曜日)から同年7月18日(日曜日)までに受け取っていただく予定としております。
※期限を超えた場合、貸与の取り消しをする場合がありますので、ご注意ください。

一般貸与(有償貸与)に関するQ&A

リンク・新しいウィンドウで開きます  防災ラジオ放送受信機の有償貸与に関するQ &A(PDF 750KB)

掲載日:2021年7月2日