だんだんバスの歴史コース・まちなかコースのルートが変わります

本文にジャンプします
メニュー
だんだんバスの歴史コース・まちなかコースのルートが変わります

現在実証運行中の、米子市循環バス「だんだんバス」の歴史コースとまちなかコースについて、一部のルートを変更します。

新たに大学病院から灘町橋南詰を経由し、加茂川沿いを運行します。加茂川沿いに「まちなか観光案内所入口」、「天神町一丁目」の2か所のバス停を新設します。

また、当面の間、赤い小型車両と中型車両で実証運行コース(歴史コースとまちなかコース)とだんだんコースを運行します。新たにコース別に前幕とマグネットシートを貼って運行しますので、他の路線バスや従来のコース(だんだんコース)とお間違えないようご注意ください。

変更日時

令和4年12月1日(始発から)

コースごとのロゴマーク

乗り間違い防止のため、ロゴマークを新たに設定しました。

車両の外見に関わらず、車体に貼られたロゴマークを目印にご乗車ください。

歴史コース(行先番号12)、まちなかコース(行先番号13)

歴史コース、まちなかコースのロゴマーク 

だんだんコース(行先番号11)

だんだんコースのロゴマーク 

新しいバス停

歴史コース:まちなか観光案内所入口、天神町一丁目、太田医院前

まちなかコース:富士見町、まちなか観光案内所入口、天神町一丁目、図書館入口、市役所入口

無くなるバス停

歴史コース:裁判所前(天神町一丁目バス停をご利用ください)、東町(太田医院前バス停をご利用ください)

まちなかコース:ふれあいの里(だんだんコースをご利用ください)

コース図

  歴史コース・まちなかコースルート図

令和4年12月1日からの新しい時刻表

リンク・新しいウィンドウで開きます 令和4年12月1日以降のだんだんバス時刻表PDFファイル 1,174キロバイト)

掲載日:2022年11月25日

広告