化学物質過敏症で苦しんでいるかたがいらっしゃいます

本文にジャンプします
化学物質過敏症で苦しんでいるかたがいらっしゃいます

化学物質過敏症は、香料や抗菌消臭剤、建材などの日常生活で私たちが何気なく使用しているものに含まれる化学物質に接触することで、頭痛やめまい、不眠など多岐にわたる症状があらわれることがある病気です。『化学物質過敏症』へのご理解、ご配慮をお願いします。

化学物質過敏症とは

化学物質過敏症は過敏という名が示すように、ごく少量の物質にでも過敏に反応する点ではアレルギー疾患に似ています。最初にある程度の量の物質に曝露されると、アレルギー疾患でいう“感作”と同じような状態となり、二度目に同じ物質に少量でも曝露されると過敏症状を来します。時には最初に曝露された物質と二度目に曝露された物質が異なる場合もあり、これは多種化学物質過敏症と呼ばれます。

化学物質過敏症はこのようなアレルギー疾患様の性格だけでなく、低濃度の化学物質に反復曝露されていると体内に蓄積し慢性的な症状を来すという中毒性疾患に近い性格も兼ね備えています。

化学物質過敏症は未解明の部分が多い疾患ですが、このようにアレルギー性と中毒性の両方に跨る疾患、あるいはアレルギー反応と急性・慢性中毒の症状が複雑に絡み合っている疾患であると考えられています。

(厚生省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー研究班「化学物質過敏症 思いのほか身近な環境問題」パンフレットより引用)

症状は

頭痛、めまい、どうき、腹痛、関節痛など、客観的には分かりづらい症状が現れます。
※その他、人によってさまざまな症状が現れます。

どんなもので症状が現れるの?

殺虫剤、香水などの化粧関連用品類、衣料用洗剤類、芳香剤類、タバコの煙など
※化学物質への感受性は個人差が大きいため、同じ環境にいても発症する人としない人がいます。

私たちにできること

公共の施設などでは、香水、化粧品などの過剰な使用を控えたり、禁煙を考えるなど化学物質過敏症のかたへのご理解とご配慮をお願いします。

リンク・新しいウィンドウで開きます 化学物質過敏症啓発ポスターPDFファイル 491キロバイト)

関連サイト(外部リンク)

リンク・新しいウィンドウで開きます … 化学物質過敏症 (鳥取県公式ウェブサイト)

リンク・新しいウィンドウで開きます … かんたん化学物質ガイド(環境省)

リンク・新しいウィンドウで開きます … 化学物質の安全対策サイト(厚生労働省)

掲載日:2020年6月4日