帯状疱疹を予防しましょう

本文にジャンプします
メニュー
帯状疱疹を予防しましょう

帯状疱疹を予防しましょう

帯状疱疹とは

子どもの頃に水痘(みずぼうそう)にかかると、水痘・帯状疱疹ウイルスが体の中で長期間潜伏感染し、加齢や疲労、ストレス等によって免疫が低下した際などに「帯状疱疹」として発症します。
発症率は50歳以上から高くなり、80歳までに3人に1人が発症するといわれています。

帯状疱疹の症状

  • 発症当初は、ピリピリとした痛みや違和感
  • 痛みを感じる部分の皮膚に帯状の赤い発疹
  • 神経と皮膚の炎症による激しい痛み
  • 症状が身体の左右どちらかに広がることが多い
    また、皮膚症状が治った後も、長い間痛みが残る帯状疱疹後神経痛(PHN)になる可能性があります。

帯状疱疹を予防するためには

帯状疱疹は免疫の低下によって発症するため、日頃の体調管理が大切です。

  1. バランスの良い食事をとる
  2. 適度に運動をする
  3. 質の良い睡眠をとる
  4. 疲労やストレスを避け、休息をとる

さらに、50歳以上の方については、ワクチンを接種することで、発症予防、重症化予防が期待できるとされています。
※費用は全額自己負担となりますので、接種を希望される場合は、医療機関でご確認ください。

掲載日:2022年10月28日

広告

  • 広告:ゴミのことならほうき小僧
  • 広告:湧くわく天然温泉ラピスパ
  • ともしび会広告バナー
  • ソンズ株式会社バナー   高校バナー画像 ネットKEN広告画像
 

バナー広告のご案内