米子市役所旧館の利活用についてアイデアを募集します

本文にジャンプします
メニュー
米子市役所旧館の利活用についてアイデアを募集します

米子市役所旧館の利活用についてのアイデアを募集します

米子市では、「米子市公共施設等総合管理計画」およびそれに基づく「米子市役所庁舎再編ビジョン(中期展望)」を策定し、市が所有する公共施設の見直しを進めています。

この一環で、昭和5年に建築家の佐藤功一によって設計された市指定文化財、米子市役所旧館(現:市立山陰歴史館)についても、民間活力によるリノベーションなどにより、施設機能の見直しを検討しています。

このたび、市役所旧館建物の文化財的な価値を生かした、新たな施設利用策の検討について、民間事業者の皆さんとの直接対話(個別対話形式)によるアイデア募集(サウンディング型市場調査)を実施します。

参加対象者

市役所旧館の建物を実際に利活用する意向を有する個人事業者、法人または法人のグループ、不動産の管理・運営の実績がある事業者

現地見学会

当該施設の概要などについて、サウンディングへの参加を希望する事業者向けの現地見学会を個別に実施します。
現地見学会への参加を希望されるかたは、「現地見学会参加申込書」(様式1)に必要事項を記入の上、期限内に次のとおりお申し込みください。後日、申込みのあったかたに見学日時をお知らせします。

  1. 申込受付期間:令和2年1月24日(金曜日)から2月7日(金曜日)午後5時まで
  2. 申込先:文化振興課文化財室まで、Eメールまたはファクシミリにてお申し込みください。
  3. 見学期間:令和2年1月24日(金曜日)から2月14日(金曜日)
    (ただし、火曜、土曜、日曜日を除く)

サウンディング

サウンディングへの参加申込は、「エントリーシート」(様式2)と、「利活用提案書」(様式3)に必要事項を記入の上、次のとおりお申し込みください。後日、申込みいただいたかたに実施日時をお知らせします。サウンディングの時間は、1から2時間程度を予定しています。

  1. 参加申込書受付期間:令和2年2月3日(月曜日)から2月20日(木曜日)午後5時まで
  2. 申込先:文化振興課文化財室まで、Eメールまたはファクシミリにてお申し込みください。
  3. サウンディング実施期間 令和2年2月26日(水曜日)から3月16日(月曜日)
    (ただし、火曜、土曜、日曜日を除く)

費用負担と参加の扱い

本調査への参加に要する費用は、全額参加事業者の負担とします。
また、現地見学会、サウンディングへの参加実績は、今後の利活用事業者選定などにおける評価の対象とはなりません。

実施要項など

リンク・新しいウィンドウで開きます 実施要項PDF 409キロバイト)

リンク・新しいウィンドウで開きます 現地説明会参加申込書(様式1)ワードファイル 19キロバイト)

リンク・新しいウィンドウで開きます エントリーシート(様式2)ワードファイル 19キロバイト)

リンク・新しいウィンドウで開きます 利活用提案書(様式3)ワードファイル 19キロバイト)

お問合わせ先

米子市文化振興課 文化財室
電話:(0859)23-5438
ファクシミリ:(0859)23-5414
Eメール:bunka@city.yonago.lg.jp

掲載日:2020年1月24日

広告

  • 広告:ゴミのことならほうき小僧
  • 広告:湧くわく天然温泉ラピスパ
  • ともしび会広告バナー
  • ソンズ株式会社バナー   高校バナー画像 ネットKEN広告画像
 

バナー広告のご案内