空き家利活用シンポジウムを開催します(令和元年10月25日)

本文にジャンプします
空き家利活用シンポジウムを開催します(令和元年10月25日)


空き家利活用シンポジウムを開催します。

リンク・新しいウィンドウで開きます 空き家利活用シンポジウム案内チラシPDFファイル 1.12メガバイト)

とき・ところ

とき:令和元年10月25日(金曜日) 午後3時から5時(受付開始:午後2時30分)
ところ:野村證券米子支店 4階大ホール(米子市角盤町1-27-13)

参加費

無料
※交流会に参加される際は、3,000円の参加費が必要です。

プログラム

開場・受付(午後2時30分)

開会・挨拶(午後3時)

基調講演「空き店舗・未利用空間を活用した地域づくり」
―リノベーションによるまちづくり―(午後3時10分)

講師:塩田 大成 さん(株式会社ビルスタジオ 代表取締役社長)

パネルディスカッション「現在進行形!空き店舗を活かした地域再生」
―米子市中心市街地で今起こっていること―(午後4時10分)

アドバイザー:塩田 大成 さん(株式会社ビルスタジオ 代表取締役社長)
パネリスト:
森 紳二郎 さん(株式会社米子髙島屋 代表取締役社長)
宇田川 正樹 さん(株式会社ジョイアーバン 代表取締役社長)
山根 淳史 さん(米子商工会議所 専務理事)
ファシリテーター:大塚 寿史 さん(米子市観光協会 専務理事)

閉会(午後5時)

 交流会午後5時15分

参加費:3,000円(当日集金)

出演者情報

基調講演

塩田 大成  さん

株式会社ビルスタジオ 代表取締役社長


1976年栃木県宇都宮市生まれ。東京都立大学工学研究科建築学専攻修了。セントラル・セント・マーチンズ美術大学院(ロンドン)にて美術修士号取得。
栃木県宇都宮市もみじ通りで、 不動産・建築設計・地域プロデュース・グラフィックデザイン等、 「空間/場所づくり」を行なう。シャッター街だったもみじ通りでは、出店・新規開業の相談から 大家との物件交渉までを行ない、個性的な界隈を創出する。
栃木県初のシェアハウス「KAMAGAWA LIVING」、観光商品をトリガーとした地域価値創造プロジェクト「OHYA UNDERGROUND」などをプロデュース。

参加申込方法

次の申込先に、電話・ファクシミリ・メールにて、参加者の氏名・所属・連絡先・交流会の参加有無をお伝えください。 

お申し込み・お問い合わせ先

米子市  住宅政策課  住宅政策担当
電話:(0859)23-5288
ファクシミリ:(0859)23-5396
Eメール:jutakuseisaku@city.yonago.lg.jp

掲載日:2019年10月3日