タムタムスクール

本文にジャンプします
メニュー
タムタムスクール

乳幼児期は、人として健全な心とからだの基礎をつくる大事な時期です。
同時に保護者にとってはさまざまな悩みを抱える時期でもあります。

「子どもたちの幸せのために、子育てを楽しんでほしい!」とのつよい願いから、この講座を企画しました。お父さん・お母さん、おじいちゃん・おばあちゃん、そして地域の子育てを応援するご近所さんも、みんなでいっしょに「子育て」に大切なことを学びましょう!

 家庭教育を応援しています

子育て・家庭教育支援は、各家庭の自主性を尊重しながら保護者と子どもの育ちを応援しています。子育ての悩みや不安を抱えたまま親子が孤立してしまう傾向や、地域の地縁的なつながりの薄さなど、子育て・家庭教育支援において様々な課題が指摘されています。人口減少・高齢化の進行も見込まれる中、このような課題への対応として、住民相互の対話や相互扶助による地域づくりが求められています。米子市でも、地域全体でより充実した子育て・家庭教育支援を推進していく手法の一つとして、文部科学省が進めている「家庭教育支援チーム」の組織づくりに取り組んでいます。また、市立小中学校のPTAと連携し、就学前の説明会等の保護者が多く集まる機会を活用した家庭教育支援講座「PTA子育て講座」を開催しています。

米子市家庭教育支援チーム「とことこ・タムタム」

「家庭教育支援チーム」って何?

子育て経験者をはじめとする地域の多様な人材で構成された集まりであり、身近な地域で子育てや家庭教育に関する相談にのったり、親子で参加する様々な取組や講座などの学習機会、地域の情報などを提供したりします。

米子市家庭教育支援チームは、人間形成の基礎を築く上で重要な時期とされる「乳幼児期」に焦点を当てて支援活動を行なっています。家庭教育に関する情報を収集・提供するため、市内の子育て支援センター、子育てサークル(公民館)、公園などに「とことこ」と出かけて行ったり、子育て・親育ち講座「タムタムスクール」を開催したりしています。そのような活動から「とことこ・タムタム」という呼称をつけました。

 テキスト

家庭教育支援チームのロゴマーク

コンセプト:「温かく包む支援の輪」
 地域の人々の支援の輪が、子どもや保護者の方を温かく包み込むイメージを体現したロゴマークです。やさしく後ろから肩に手を掛けられた人が、安堵(あんど)の表情を浮かべているグラフィックは、家庭教育支援チームによるサポートの安心感を演出するとともに、支援の輪の中心には必ず対象となる家庭があるというメッセージも込められています。 ※厚生労働省ホームページより

※ロゴマークは、文部科学省が「家庭教育支援チーム」として登録したチームに提供されます。

「家庭教育支援チーム」の構成メンバーは?

子育て経験者などを含めた地域の多様な人材で構成しています。米子市家庭教育支援チームは、民生児童委員、元保育士、元幼稚園教諭、社会教育委員、元子育て支援センター職員、米子市児童文化センター職員等が所属し、チーム員は米子市が委嘱しています。

「家庭教育支援チーム」はどんな活動をしているの?

保護者への学びの場の提供

米子市家庭教育支援チームは、子育て・親育ち講座「タムタムスクール」を開催しています。「タムタムスクール」は、心と体の基礎をつくる乳幼児期の家庭教育をテーマとしており、子どもの発達、しつけ、メディアとの付き合い方等に関する座学の講義のほか、散歩、親子体操、コンサート等を実施しています。また、座学の講義の際には、必要に応じて保護者が学習に集中できるよう託児を実施しています。託児ボランティアとして多くの地域の方にご協力いただいており、子育て家庭と地域とのつながりをつくるよい機会にもなっています。(※近年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、託児を中止しています。)

テキスト  

親子の居場所づくり

「タムタムスクール」などの機会をとらえ、必要に応じて保護者同士の仲間づくりを促すなどして、新しい居場所となるよう支援しています。また、市内の子育て支援センター、公園等を回り、遊び場・交流の場の情報収集・提供を行なっています。そのほかにも子どもとの外遊びに活用できる「公園マップ」を作成し配布しています。様々な方法で親子の新しい居場所づくりを支援しています。

訪問型家庭教育支援

活動において出会った親子に対し、必要に応じて指定された場所に出かけるなどして個別に相談対応・情報提供をしています。チーム員は専門家ではありませんが、気軽に声をかけられる地域の身近な存在として相談しやすいこともあるのではないかと考えています。相談内容によっては、専門の機関(人)へつなげています。

文部科学大臣表彰を受賞しました

米子市家庭教育支援チームは、令和3年度「家庭教育支援チーム」の活動の推進に係る文部科学大臣表彰において表彰されました。鳥取県内では初めての受賞です。令和3年度は、全国の31の家庭教育支援チームが受賞されました。表彰式は、新型コロナウイルス感染拡大防止のためオンラインで開催されました。

リンク … 令和3年度「家庭教育支援チーム」の活動の推進に係る文部科学大臣表彰について(文部科学省ホームページ

掲載日:2023年1月4日