「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

本文にジャンプします
メニュー
「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

昨年は、夏の猛暑により、熱中症による緊急搬送や死亡事例などが報告されました。熱中症は、重症化すると命にかかわることもあります。真夏でなくても、湿度が高いときや、室内や夜間においても多く発生しています。めまいや立ちくらみ、こむら返りなどの症状がでたら、まず熱中症を疑ってみましょう。

また、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、「新しい生活様式」として、一人ひとりが感染防止の3つの基本である、1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。
これから、夏を迎えるにあたり、皆様には、例年よりもいっそう熱中症にもご注意いただきたく、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」における熱中症予防のポイントをまとめました。

熱中症の症状 … 最初に、めまいや立ちくらみ、こむら返り、ふいてもふいても汗が出てくるなどの症状が現れます。症状が進むと、頭痛、吐き気がしたり、体がだるくなったりします。重症化すると、突然、意識障害、運動障害などが起こります。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

マスクの着用について

マスクは飛沫の拡散予防に有効で、「新しい生活様式」でも一人ひとりの方の基本的な感染対策として着用をお願いしています。ただし、マスクを着用していない場合と比べると、心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、身体に負担がかかることがあります。
したがって、高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。
マスクを着用する場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、マスクを一時的にはずして休憩することも必要です。
外出時は暑い日や時間帯を避け、涼しい服装を心がけましょう。

エアコンの使用について

熱中症予防のためにはエアコンの活用が有効です。ただし、一般的な家庭用エアコンは、空気を循環させるだけで換気を行っていません。新型コロナウイルス対策のためには、冷房時でも窓開放や換気扇によって換気を行なう必要があります。換気により室内温度が高くなりがちなので、エアコンの温度設定を下げるなどの調整をしましょう。

涼しい場所への移動について

少しでも体調に異変を感じたら、速やかに涼しい場所に移動することが、熱中症予防に有効です。一方で、人数制限等により屋内の店舗等にすぐに入ることができない場合もあると思います。その際は、屋外でも日陰や風通しの良い場所に移動してください。

日頃の健康管理について

「新しい生活様式」では、毎朝など、定時の体温測定、健康チェックをお願いしています。これらは、熱中症予防にも有効です。平熱を知っておくことで、発熱に早く気づくこともできます。日ごろからご自身の身体を知り、健康管理を充実させてください。また、体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

熱中症予防ポスター熱中症予防2
【参考】※上記ポスターも以下のリンク内よりダウンロードできます。

リンク・新しいウィンドウで開きます … 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめました(厚生労働省)

熱中症予防と対策

  1. 暑くなる日は注意しましょう

    熱中症は、高温多湿な環境にいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節がうまくいかず、体内に熱がこもることにより発症します。暑さを避けるために、屋外に出るときは日傘や帽子を着用しましょう。
    猛暑日は、特に注意が必要です。保冷剤、氷、冷たいタオルなどをうまくつかい、体を冷やしましょう。
    また、エアコンの効いた室内など、涼しいところに避難しましょう。

  2. のどが渇く前に水分を補給しましょう

    こまめな水分補給をこころがけましょう。ただし、ビールなどのアルコール飲料は、利尿作用を高め、体から水分が失われるのを助長するため逆効果です。

  3. 「おかしい」と感じたら、すぐに病院に行きましょう

    熱中症は、めまい、頭痛、吐き気などの症状から、ひどいときには意識を失い、命にかかわることがあります。
    少しでも「おかしい」と感じたら、涼しいところに避難し、症状がおさまらなければ、医療機関を受診しましょう。重症の場合は、救急車を呼びましょう。

  4. まわりの人にも気配りをしましょう

    熱中症患者のおよそ半数は、65歳以上の高齢者です。ひとり暮らしの高齢のかたなどには、地域での声がけも大切です。また、小さいお子さんについては、保護者のかたも一緒に注意をしましょう。
    スポーツ行事等を実施するときは、気温や参加者の体調を十分に考慮しましょう。

【参考】

リンク・新しいウィンドウで開きますひと涼みしよう。(熱中症予防 声かけプロジェクト)
リンク・新しいウィンドウで開きます … 熱中症を防ぎましょう(鳥取県ホームページ)
リンク・新しいウィンドウで開きます … 鳥取県健康政策課ホームページ(熱中症特別警報等の発令機関)
リンク・新しいウィンドウで開きます … 熱中症関連情報(厚生労働省ホームページ)
リンク・新しいウィンドウで開きます … 熱中症予防情報サイト 普及啓発資料のダウンロード(環境省ホームページ)

掲載日:2021年7月5日