公募型プロポーザル

本文にジャンプします
公募型プロポーザル

「米子市水道局新庁舎太陽光発電屋根貸し事業」の使用予定者が決定しました。

 米子市水道局では、循環型の街づくりを目指した自然エネルギーの利用促進と民間活力を活かした太陽光発電の効率的な整備などを図るため、米子市水道局新庁舎の「屋根貸し」による太陽光発電屋根貸し事業を行います。
 この事業に参加される事業者を公募した結果、応募がありました1社の企画提案書を評価委員会で審査し、使用予定者が決定しましたのでお知らせします。

件名

米子市水道局新庁舎太陽光発電屋根貸し事業

対象施設

米子市水道局新庁舎(平成29年6月完成予定)

選定方法

公募型プロポーザル方式により、使用予定者1社を選定します。

応募資格

米子市、境港市、西伯郡日吉津村に本店がある法人とします。

募集する
提案内容

事業実施のための企画、資金調達計画、工事及び管理運営方法のほか、次のような提案を求めます。
1、使用料(年額)
次の計算式により算出し、公募提示係数は応募者の提案とします。
調達価格×太陽電池容量の合計(キロワット)×1,000×公募提示係数(100分の3以上)×100分の108
※調達価格は再生可能エネルギーの固定価格買取制度による売電価格。平成28年度の調達価格は1キロワットアワーあたり24円です。
2、施設運営にメリットのある取組

スケジュール

1、公募要項公表(平成28年8月26日金曜日)
2、質問受付(平成28年9月12日月曜日)
3、実施設計図面などの閲覧期間(平成28年9月12日月曜日)
4、参加申込期限(平成28年9月16日金曜日)
5、企画提案書提出期限(平成28年9月23日金曜日)
6、評価委員会の開催(平成28年10月4日火曜日)
7、使用予定者の決定(平成28年10月7日金曜日)

その他

決定した事業者は、屋根貸し事業に参加し太陽光発電設置していることを示す看板等を、新庁舎に設置することが出来ます。

資料


「米子市水道局新庁舎太陽光発電屋根貸し事業」の公募要項

公募要項

「米子市水道局新庁舎太陽光発電屋根貸し事業」の参加に係る様式集

様式集

質問と回答

9月13日質問と回答を更新しました。こちらのPDFをご確認下さい。

質問と回答

米子市水道局新庁舎太陽光発電屋根貸し事業

使用予定者

株式会社 虎亀電工

発電容量

46.5キロワット

使用料

年額52,068円(公募提示係数4/100)

総額1,041,360円

その他の提案

屋根に穴を開けず、掴み金具を使用して太陽光パネルを固定する工法で設置。停電時は自立運転により一定の電源を確保。 

※公募提示係数について
行政財産使用料を定めるための係数で、下記の算式により使用料を定めるものです。
調達価格(売電価格25.92円)×太陽電池容量(キロワット)×1,000×公募提示係数×108/100
※使用料総額
使用料年額×20年間の金額です。

 今回の募集によって、米子市水道局新庁舎の屋根に46.5キロワットの太陽光発電設備が設置され、年間では48,000キロワットアワーの発電量が見込まれます。これは、一般家庭約10軒分の年間使用電力をまかなうことの出来る発電量です。
 なお、太陽光発電設備設置にかかる使用料として、年間約5万円、20年間で約100万円の収入を見込んでいます。


お問い合わせは、米子市水道局 計画課 計画推進担当
〒683-0008 鳥取県米子市車尾南2丁目8番1号
電話(0859)32-9930[直通]
ファクシミリ (0859)23-3530
Eメール:suido-keikaku@city.yonago.lg.jp
営業時間 平日の午前8時30分から午後5時15分まで
(土曜日、日曜日、祝祭日は休業です)

掲載日:2016年10月7日