市指定無形民俗文化財「日吉神社神幸神事」

本文にジャンプします
市指定無形民俗文化財「日吉神社神幸神事」

淀江町にある日吉神社では、毎年5月3日に春の例祭が行なわれます。例祭では、約370年前から続く「神輿渡御」(みこしとぎょ=神輿に移られた神様がお出かけされるという意味)の行事があり、かつては大山と日吉神社、または日御碕神社(現在の坪亀山にある神社)と日吉神社との間で行なわれたともいわれています。

 

地元では「よいとまかせ」といわれるこの行事は、山車・神輿を中心に、それぞれの衣装をまとった約200人もの氏子が行列となって、社寺奉行の「えんよーいやな、えんよいとまかせ、さささ、さあよいとまかせ」の掛け声とともに町内を練り歩き、人々の健康や安全、作物の豊作等の幸福を祈願します。掛け声の意味は「よい世の中だな、よい世になりますように、さあもっとよい世になりますように」といわれています。

 

度々中断や変遷がありましたが、現在の行列は大正15年に再編成された順番で並んでいます。

【行列の順番】

1  杖払(つゆはらい)
2  箒引(ほうきびき)
3  大鳥毛
4  社寺奉行御供廻り
5  鉄砲組
6  子供神輿(こどもみこし)
7  社名旗
8  猿田彦命
9  大幣
10  真榊
11  日月像幡
12  金幣
13  道神楽
14  神輿
15  神職
16  宇豆女命
17  四神旗
18  五色旗
19  真榊
20  五色幟
21  随神
22  奉幣
23  道神楽
24  神輿
25  神職

この行列は、社寺奉行(4)を中心としたグループ、神輿(14・24)を中心とした2つのグループの3つに分けることができ、中心部分が神輿であるという点で大名行列と違います。県下唯一の「神輿渡御」である「よいとまかせ」は、市の無形民俗文化財として指定されています。

大鳥毛
(大鳥毛)
社寺奉行御供廻り
(社寺奉行御供廻り)
行列のひとこま
(行列のひとこま)
道神楽
(道神楽)
掲載日:2012年4月17日