江戸時代のがいな祭

本文にジャンプします
江戸時代のがいな祭
 江戸時代のがいな祭

天から降るものが雨や雪なら何でもないのですが、幕末には伊勢神宮のお礼が降ってきて、大騒ぎになったことはよく知られた話です。
米子でも、幕末よりもずっと前に天から一枚の紙が降ってきたそうです。その話はこうです。

江戸時代、米子城主荒尾氏の家来に柘植(後に織田)という侍がいました。その家は、今の大学病院構内にありました。ある日、ご主人が庭を散歩していたところ、白い紙切れが天から降ってきて、庭木の梢にひっかかったそうです。 何だろう、と思って木に登ってそれを採ってみると、何とそれは菅原道真公の直筆の紙片でした。これは恐れ多いことだ、といって柘植さんは庭に小さな祠を建て、学問の神様・天満宮としてその紙を納めて祀られました。
柘植家の屋敷神であったこの天満宮は、元禄5年(1692)加茂川にかかる天神橋の道向う、天神町に遷座され、そこで祀られていましたが、昭和37年に再び遷座され、今は加茂町の賀茂神社に合祀されています。
江戸の昔、天満宮の祭日は旧暦6月25日。現在では学校が夏休みに入るころになります。宵祭りから米子の町内の寺子屋からはのぼりや燈明が寄進され「尺寸の地も残さず」それらが立ったといいます。25日には神輿が米子の町内を残らず練り回った後、深浦の祇園神社前から船に神輿を移し錦海に出ました。船中でも神事が行われました。人々はこの御座船を取り囲むように、それぞれ船を漕ぎ出し、祭りに参加を口実に夕涼みをし、飲めや歌えの大騒ぎ。舟と舟の間を水澄ましのように飲食を商う舟が行き交い、琴・三味線の音は海風に乗って岸辺に響く。岸辺でも、見物がてら飲めや歌えのどんちゃん騒ぎ。神輿は真夜中になって内町の京橋際から上陸され、天神町の神社に帰られました。

これを当時の人は「天満の涼み」といったそうです。これぞ、がいな祭のルーツでは。


天満宮が合祀されている賀茂神社 本殿

平成13年7月号掲載

前のおはなしへ 次のおはなしへ
掲載日:2011年3月18日