神様の贈り物

本文にジャンプします
神様の贈り物
神様の贈り物

昔話に「大年の客」という話があります。大晦日の夜、泊まる所がなく困ってやって来たみすぼらしい旅人を、親切にもてなして泊めたら福を授かった、という話です。
この昔話が基となってできたと思われる伝説が伝わっています。話はこうです。

…江戸時代のこと、米子に吉岡如翁という医者がいました。彼は大晦日の夜、夢を見ました。それは、家に疱瘡(ほうそう)神がやって来て「今夜わしを嫌って泊めてくれる宿がない。一晩泊めてくれないか。もし泊めてくれたら、家の子には疱瘡にならんようにしてやるが…」というので、如翁は心よく泊めてやった、という夢でした。
朝起きれば元旦。昨夜見た夢の話を奥さんに話かけたら、奥方は驚いて、実は私も同じ夢を見た、との話。見ると部屋の中に、がまの葉で作った小さな笠が置いてありました。それを見て、あの夢は正夢だったと悟りました。それ以後、吉岡家の子どもは疱瘡にかからなかった、といいます。近所で疱瘡の子がいると、例の小笠を借りてかぶせると軽症で治ったそうです…

当時、疱瘡といえば一生に一度はだれもがかかる死亡率の高い恐い病気でしたので、その小笠は、今ならさしずめガン特効薬のようなものだったのでしょう。
如翁はその名を豊郷といい、米子組士で医師の吉岡玄昌に見込まれ、彼の養子となって医業を継ぎました。如翁の名医ぶりが評判になりだした宝暦10年(1760)、彼は鳥取に呼ばれ、藩主の侍医になりました。が、参勤交代で藩主に従って江戸に出ていた安永8年(1779)9月、病気で亡くなったといいます。
先の話は、米子の伝説として語られていますので、如翁が米子にいた時の話だと思われます。とすればその家はどこにあったのか、と調べますと、宝永6年(1709)の古地図に、彼の養祖父、吉岡半兵衛宅が載っています。そこは加茂神社の道をはさんで斜め北向こうです。おそらくその家で疱瘡神から笠をもらわれたのでしょう。
20世紀もいよいよ最後の年を迎えます。思えば苦難の世紀でした。が、貧しくとも心優しく暮らしてきた多くの人々には、大晦日に福が舞い込み、せめて世紀最後の年ぐらいは良い年になる、と信じて紅白歌合戦でも聞きながら眠るとしましょうか。


伯耆国米子平図(鳥取県立博物館所蔵)の右下部分に吉岡半兵衛と記載してある

平成11年12月号掲載

前のおはなしへ 次のおはなしへ
掲載日:2011年3月18日

【利用上の注意】

掲載している昔話・伝説・言い伝えなどの民話は、地元の古老から聞いた話や地元での伝承話、また、それらが掲載された書籍などからの情報を載せているものですので、活用する際は次の点にご注意ください。

  • 民話は、ある程度の史実が背景にあったとしても、それが人々の想像の中で改変され、また、伝承の過程でさまざまな変化を遂げていきます。そのため、史実とは異なる内容、名称等が使用されている場合や学術的な裏付けがないものもあります。

  • 捉えかたにより、記載されている年号や年代、月日、読みかたなど、事実と異なる可能性があります。

  • 「過去の経験を後世に伝えたい先人の強い思い」として読みとるなど、「地域で語り継がれている事実」に着目することが必要となります。

  • 民話は、すべてが史実ではありませんが、地域にとってたいせつなものが含まれていると考えられます。

  • 筆者は、執筆に関しては、市内各地域をまんべんなく入れること(ただし、合併前のものなので淀江町域の話はありません。)、あまり血なまぐさい話は避けること、故人で忘れられている偉人を発掘し民話に託して語ること、などを心掛けて編集されています。