大袋と大国主命

本文にジャンプします
大袋と大国主命
大袋と大国主命(おおくにぬしのみこと)

師走に入ると、せからわしい音楽と大きな袋をかついだサンタクロースが登場しますが、日本にも似たような男はいましたぜ。
神代の昔、因幡に八上姫という絶世の美人がおられたそうですわ。この美人を嫁にしょうと出雲の神さんが、団体で求婚旅行に出かけた。その途中で、ワニをだまして皮をはがれた白うさぎが、反対の治療を教えられ痛くて泣いとるのを、おとんぼ(いちばん下の弟)の神で兄神の荷物をみんな持たされ、大きな袋にそれを入れてふらふらしながらやって来た大国主命に、優しく助けられた話はよう知られた話で。
そうこうして八上姫の家に行った。なるほどうわさに違わん美女。神々はのぼせ上がって、てんでに鼻の下をのばしてプロポーズするが、姫には意地の悪さがみんな見えとる。最後に出てきたのは大国主。汗を拭き拭きあまりの美しさにものも言わずに見とれとったら、姫は「わたしゃこの人が好き」とのたもうた。
兄神たちは悔しがった。何とか姫を我が物に、と悪知恵を出した結果が、大国主殺害計画。会見町の手間山の麓まで帰った時、兄神たちは「この山に赤いのししがおるので、追い落とすから下で受け止めよ」と言う。赤いのししとは真っ赤に焼いた大岩のこと。そんなこととはつゆ知らず、人のいい大国主ば、焼け岩を両手で受け止めたけえ案の定焼け死んでしまった。
兄神たちは大喜びしたが、母神は優しい大国主の死を悲しんで、何とか生き返らせようと、天に昇って親神に相談された。その結果、二人の女神の貝を使った薬のおかげで、大国主は生き返ったと。この時の焼け岩は会見町の赤猪岩神社に残っているし、治療の薬を流した池も西伯町の清水川にあって、この薬のせいでいまだに池水が濁っているそうですぜ。また、両手を広げて赤いのししを受け止めるために、大国主が持っていた大きな袋を置いた所が「大袋」(尚徳地区)だそうですよ。
さんざんえらい目をしてもらった八上姫だったけど、結局は大国主の正妻の須勢理姫の嫉妬がひどいので、彼女はすたこらさっさと因幡に去んでしまわさんしたと。
大昔の神さんの何ともはや、人間くさいこと。


大国主命が袋を置いたといわれる大袋(尚徳地区)
左の山が会見町の手間山

平成10年12月号掲載

前のおはなしへ 次のおはなしへ
掲載日:2011年3月18日

【利用上の注意】

掲載している昔話・伝説・言い伝えなどの民話は、地元の古老から聞いた話や地元での伝承話、また、それらが掲載された書籍などからの情報を載せているものですので、活用する際は次の点にご注意ください。

  • 民話は、ある程度の史実が背景にあったとしても、それが人々の想像の中で改変され、また、伝承の過程でさまざまな変化を遂げていきます。そのため、史実とは異なる内容、名称等が使用されている場合や学術的な裏付けがないものもあります。

  • 捉えかたにより、記載されている年号や年代、月日、読みかたなど、事実と異なる可能性があります。

  • 「過去の経験を後世に伝えたい先人の強い思い」として読みとるなど、「地域で語り継がれている事実」に着目することが必要となります。

  • 民話は、すべてが史実ではありませんが、地域にとってたいせつなものが含まれていると考えられます。

  • 筆者は、執筆に関しては、市内各地域をまんべんなく入れること(ただし、合併前のものなので淀江町域の話はありません。)、あまり血なまぐさい話は避けること、故人で忘れられている偉人を発掘し民話に託して語ること、などを心掛けて編集されています。