奥谷・荒神林の怪物

本文にジャンプします
奥谷・荒神林の怪物
奥谷・荒神林の怪物

9日は今年最後の庚申さんの日。と言っても何のことか分からんでしょうなあ。干支でカノエサルの日のことで、61日目に巡ってくるので年6回ある。この日は寝られん日でな。もし寝たら体の中から三尸(さんし)という虫が出て、天に昇って天帝にその人の悪口を言う、すると天帝はその人の命を縮める。てえので一晩中起きとった。起きとっても「庚申の夜なべは後退りする」いうだけえ仕事も出来ず、心穏やかに行儀ようしとらにゃいけん日で。だけん「話は庚申の晩」というてな、日頃は忙しゅうて放ったらかされとる子どもらが、昔話を聞かせてもらえた日だった。この神さんは赤色が好きで、広間などにある庚申棚に、この日は赤飯を供え、南天の赤い実や赤い花を飾ったもんだ。

江戸の昔、米子に荒尾の殿さんとは別に、同姓の荒尾茂兵衛という侍がおった。この人は狩猟が三度の飯より好きで、いっつもお供を連れて猟に行っとった。いつだったか「明日は朝駆けで山へ行こう」と打ち合わせて次の朝山へ行くと、日頃はあれほどごちゃごちゃおる狐や狸が一匹もおらん。浜で見かけた、と聞いて「よし、明日は浜へ行こう」と言って行くと浜にも一匹もおらん。こりゃ変だ、狐がこっそり盗み聴きして仲間に教えとりゃあへんか、と思って「明日は山へ行くぞ」と大声で言っといて浜へ行ったところ、やあ居るは居るは、狐や狸が手当り次第の大猟だった。
それほどの狩猟好きな茂兵衛さんだけえ、庚申さんの夜も何のその。家の者は「今日だけは家に居るように」言って、みんなして引き止めるけど聞かぱこそ。「今夜は奥谷に行く」と言い捨てて猟犬を連れて出てしまった。
奥谷には荒神林いうこんもり繁った林があった。茂兵衛さんはこの林の中に何か獲物が居りそうだ、と思って猟犬をけしかけるが、犬は怖がって入ろうとしない。業を煮やした彼は、犬をつかんで林の中に放り込んだ。すると林の中で犬の悲鳴が聞こえ、引き裂かれた体が投げ返された。
何物が林の中に居るんか、と瞳をこらして見ると、林の中からも、大きな眼玉の怪物がじっと茂兵衛さんをにらみつけていた。 さすがの彼も寒気がして引き返したそうな。

庚申の夜は行儀ようしとらにゃあいけん。


奥谷(成実地区)にある荒神という地名の場所は畑地になっており、片隅には石灯ろうがある

平成10年11月号掲載

前のおはなしへ 次のおはなしへ
掲載日:2011年3月18日