芋塚さんと名月

本文にジャンプします
芋塚さんと名月
芋塚さんと名月

江戸幕府に井戸平左衛門正明という役人がいました。彼の役は今で言えぱ大蔵省の主計官で、優秀な役人でした。還暦を機に退職しましたが、彼の才能を惜しむ上役が、彼に幕府直轄地の石見銀山代官にならぬか、ともちかけました。
正明は、年でもあり断れぱ断れたのですが、彼は江戸から外に出て暮らしたことがなかったので、地方の人の生活ぶりを知るも良いと思って代官を承知しました。 享保16年(1731)夏のことです。
正明は、江戸では想像もしなかった地方の暮らしの厳しさに驚きました。折りもおり、享保の飢きんの最中でした。彼は持参した財産を全部出し、分限者からも義援金を募って、その年は何とか越しました。
翌年も、イナゴやウンカの異常発生で飢きんは更にひどく、見るに見兼ねた彼は、ついに幕府に無断で幕府の米蔵を開け、餓死寸前の領民を救いました。
一方、石見の荒地でも出来る米に代わる作物はないものか、と考えていた彼は、寺に参拝の折り、さつま芋の話を聞き、これだ、と膝を打ち、早速その年(享保17年)の内に苦心して芋苗を入手しました。が、苗はほとんど枯れ、わずかに一苗だけ活き、これが石見に拡がりました。
石見から弓浜部に芋が入ったのは、それから50年後といいます。
やせた砂地に良く出来る芋は、その後に来た度々の飢きんで何人の命を救ったことか。
しかし正明は、幕府の蔵を無断で開けた罪によって職を解かれ、笠岡で自害したとも、病死したともいいます。享保18年5月26日。代官になってわずかに1年8ヶ月後のことです。

芋塚は、彼への報恩碑です。石見から因幡まで海岸砂浜部の村々に建っていて、米子には葭津・和田・富益・夜見にあります。
5日は中秋の名月。「芋名月」とも「芋の誕生」ともいい、本来は里芋を供えて祀る日のようですが、芋塚さんのある村では、さつま芋を塚に供えておられます。
この人がもし代官を断っていれば、安穏な一生が送れたろうに、あたら代官になったばかりに短命に終わった。しかし、その名は永遠に記憶され、祀られる人となった。はて、どちらの生涯が良かったのか。この碑は人の生きかたをも考えさせる碑です。


葭津の任宗寺跡地にある芋塚さんが一番大きな碑です

平成10年10月号掲載

前のおはなしへ 次のおはなしへ
掲載日:2011年3月18日