東町の榎神社・剣先さん

本文にジャンプします
東町の榎神社・剣先さん
 東町の(えのき)神社・剣先(けんさき)さん

東町の合同庁舎前・道向こうに小さな公園があり、先年植えた榎の樹が立っています。
ここには、江戸時代から榎の大樹が生えていて、その下に榎神社という小さなお宮がありました。(今は勝田神社に合祀)このお宮の横に、これもまた小さな「剣先さん」という祠がありました。この剣先さんがどうして祭られるようになったのか、の話です。

…江戸時代のことです。 榎神社の近くに侍さんの家族が住んどりました。ある年、この侍さんに奉公している若者が、主人に無断で、当時流行していた伊勢神宮参りに行ってしまいました。 いわゆる、抜け参宮、というやつです。
短気者で知られた主人でしたので、それを聞いていや怒るまいことか。 頭から湯気を立て、手ぐすね引いて、今や遅しと若者の帰りを待っていました。
やがて、一月ほど経ってから帰ってきた若者を、主人は引っ捕らえ、若者が詫びを言う間もあらばこそ、刀で肩口から袈裟掛けに切って落とし、遣体は榎神杜の横の竹やぷに埋めてしまいました。
その次の日のことです。 昨日切られて命果てたはずの若者が、またぞろのこのこと帰つて来、主人の前に手をついて、抜け参宮をして迷惑をかけた詫びを丁寧に言い、伊勢みやげまで差し出しましたそうな。
びっくり仰天したのは主人とその家人で、まっ青になりながらも、よくよく見るに足もあり、顔も本人に間違いない。みんなキツネにつままれたようでした。すると、いったい昨日のあれは誰だったのか、ということになり、改めて埋めた所をこわごわ掘ってみたところ、何と中から出て来たのは、斜めに真一文字に切られた伊勢神宮のお札でした。このお札が、若者の身代わりとなって切られていたのでした。
主人はこの霊現に感じて、埋めた場所に小さな祠を建て、例の伊勢のお札を納め直し、祭られたんだそうです。そのお札が、剣の先の型をした札だったので、この小祠を「剣先さん」と言うようになったんだそうですと…

黄金週間に旅する人も多いでしょうが、抜け参宮はいけません。 あとが恐ろしいですぞ。平成の今の世でも。


榎神社のあった場所には、榎の木が植えられ「伯州米子今昔案内板」が建っている

平成10年5月号掲載

前のおはなしへ 次のおはなしへ
掲載日:2011年3月18日