戸上山の藤内狐と尻焼川

本文にジャンプします
戸上山の藤内狐と尻焼川
戸上山(とかみやま)藤内狐(とうないぎつね)尻焼川(しりやきがわ)

江戸の昔のことです。戸上山(観音寺)には藤内という狐がいました。この狐、伯耆三狐の一狐だけあって、誠に化けるのがうまい。特に娘さんに化けたら天下一品。今も昔も男は鼻の下が長いもんで、べっぴんさんと見ると狐が化けているとは露知らず、何のかんのと言い寄り、金や品物で関心を引き、いい気になったところでそれらを巻き上げられ、手痛い目にあわされる男が大勢いたそうです。
そのうわさが広がると、今度は、我こそは性悪狐を退治せん、という若者が出るものの、目の前に匂うような番茶も出鼻が現れると、どいつもこいつも口ほどになく、へなへなとだまされて、全くだらしないありさま。
ある日、馬子さんが馬を連れて戸上の下を通りかかったら、絶世の美女が声を掛け、「米子の町まで馬に乗せてもらえまいか」という。 気のいい馬子さんは「あ、いいよ。 帰る道だけえ乗って行かんせ」いって、美女を乗せてやったその時です。馬がいつもと違って耳をピクピク動かせ、前足で地をかいたそうです。それに目ざとく気付いた馬子さんは、あ、これがうわさの藤内狐と察して、その気配はないかと見るに全くなく、見れば見るほど美しい。ほとほと、感心して「娘さんは美人だなあ」という。と狐は狐で鴨がまた引っかかった、とほくそ笑む。が、馬子さんは正体を見抜いているので「この馬は暴れ馬だけん、あんたが振り落とされんように縄で巻いとくで」いって馬にくくり付けてしまったそうです。
行く程に鍛冶屋があって、赤く焼けた鍬が見えた。すると馬子さんは大声で「鍛冶屋さん!この娘は藤内狐だけえ、その焼け鍬を尻に当てて見っされ!」狐は驚いて逃げ出そうとするが、がんじがらめに結わえ付けてあるので逃げもできず、尻を焼かれ正体を現して、これからは人間さまにはちょっかいを出さん、と約束させられて許されたそうです。
命からがら戸上に帰った狐は、前の川で焼けた尻を水に浸して冷やしたので、その川を尻焼川、と言いますだと。

3月1日から7日は春の火災予防運動週間です。
火の用心。


藤内稲荷と観音寺の米川取水口付近の法勝寺川(別名 尻焼川)

平成10年3月号掲載

前のおはなしへ 次のおはなしへ
掲載日:2011年3月18日