上新印の金の鶏石

本文にジャンプします
上新印の金の鶏石
上新印(かみしい) の金の鶏石

明けましておめでとうございます。
元旦に鶏、なかでも金鶏の鳴き声を聞くと、その年は福が舞い込む、寿命が延ぴる、て言う伝承があって、その為でしょうか元旦のテレビには尾長鶏が、長々とその嶋き声を聞かせますが…。
陰田の天神山(道路工事で消失)の頂上には、元旦から三が日の間に、金鶏が舞い降りて金の卵を生むとか、鳴くと言われており、その卵を取ったり、声を聞いたりした者は、やっぱり福が来る、と言ったそうですよ。

上新印(春日地区)の円福寺の境内には、蓋付きの大きな石があります。 円福寺とこの大石は、昔は日下の「山ノ寺」という所にあったそうです。 その頃からこの大石の中には金の鶏が入っとって、元旦だけ石の中で鳴いて、福を村の人にくれるけえ、ふた石は絶対に取ってはいけんぞ、取れば金の鶏が逃げてしまうけえ、と言われとりました。いや、鳩が入っていると言う人もいますが、私は金の鶏と聞いとります。
ですけど「絶対に」と言われとりゃあ反発してみたいのも人情でしょう。寺には性の辛い小僧さんがおったそうで、これがタブーを破ってふた石を開けたそうです。すると案の定、中から金の鶏が飛んで出て、陽にキラキラ輝きながら空高く飛んでいきましたと。
和尚さんは小僧を叱ると同時に、金鶏の行方を追わせました。 金鶏は、山の松の枝に止まってあたりを見回していましたが、やおら飛ぴ立って上新印の小堀陣内という侍さんの屋敷跡という、今の円福寺に降りました。
小僧さんが和尚さんにそのことを報告すると、和尚さんは早速その場所に出かけ、寺そのものをそこに移転してしまいました。 もちろん金鶏の入っとった大石も、えっちらおっちら運んできて、前のように金鶏を入れて、しっかりとふた石を載せました。

元旦にお寺に行って、この石の中で嶋く金鶏の声が聞けれぱ、福が授かる、と今でも言いますよ。エ?またふた石を開けたら金鶏が飛ぴ出るかって?。 そりゃあんた今度は、「明けましてコケコッコー」でしょうで。


上新印の円福寺にある金鶏が入っているといわれている大石

平成10年1月号掲載

前のおはなしへ 次のおはなしへ
掲載日:2011年3月18日