日下の赤穂浪士の墓

本文にジャンプします
日下の赤穂浪士の墓
日下(くさか) の赤穂浪士の墓

師走に入ると、14日の赤穂浪士の打入りに合わせて、毎年テレビが「忠臣蔵」をしますが…。300年も前の事件なのに、人気があるんでしょうなあ。
米子と赤穂。何の関係もないように思われますが、なかなかどうして。
一つは、赤穂四十七士の主役・大石蔵之助のお母さんは、元和3年(1617)から15年間米子城主だった池田由成の娘、ということです。湊山公園に残る大五輪塔が、今に池田氏の来米を語っています。
以上は事実。 これからは言い伝えですよ。

義士全員が切腹で赤穂事件は決着しましたが、その年の元禄16年(1703)のことです。日下(県地区)の瑞仙寺の門前に、みすぼらしい男が立って「わしは病気で体が動かない。数日泊めてもらえまいか」と頼んだそうです。和尚さんは「ゆっくり休んで行きなさい」と言って、布団や食事を出してやりました。
数日が経って、男はすっかり元気になったので、和尚さんに礼を言って寺の門を出たそうです。その途端、彼は背負っていたこも包みを降ろし、中から刀を取り出すや否や、アッと言う間に腹をかき切ってしまいました。和尚さん始め見送りに出ていた人は、驚くまいことか。いやはや大騒ぎになりました。
江戸の昔でも、人が死ねば役所に届けねばなりません。ましてや、割腹自殺など異常死の場合はなおさらです。どこの誰だか知らなんだので、慌てて男の包みを解いて見ましたら、この男は、父と兄が赤穂義士・松村喜兵衛秀直、同三太夫高直の次男・政右衛門ということが分かりました。それと自分の戒名「刃山道剣信男」が出てきましたので、寺ではそれを石に刻んで、ねんごろに法要をしてやったそうです。後の火事でその書類は焼け、墓も埋めてあったそうですが、墓は掘り出し再建されました。

「この話、本当かも」と思わせるのは、彼の戒名で。 義士の戒名が全て「刃○○剣信士」とあるのに、あまりにも似ているからです。 義士の行動は世間から喝采されましたが、残りの多くの藩士は浪々の身となって、全国に流れたわけで、中にはこのような悲惨な最後をたどった人もいたのでしようなあ。


日下の瑞仙寺境内にある墓石

平成9年12月号掲載

前のおはなしへ 次のおはなしへ
掲載日:2011年3月18日

【利用上の注意】

掲載している昔話・伝説・言い伝えなどの民話は、地元の古老から聞いた話や地元での伝承話、また、それらが掲載された書籍などからの情報を載せているものですので、活用する際は次の点にご注意ください。

  • 民話は、ある程度の史実が背景にあったとしても、それが人々の想像の中で改変され、また、伝承の過程でさまざまな変化を遂げていきます。そのため、史実とは異なる内容、名称等が使用されている場合や学術的な裏付けがないものもあります。

  • 捉えかたにより、記載されている年号や年代、月日、読みかたなど、事実と異なる可能性があります。

  • 「過去の経験を後世に伝えたい先人の強い思い」として読みとるなど、「地域で語り継がれている事実」に着目することが必要となります。

  • 民話は、すべてが史実ではありませんが、地域にとってたいせつなものが含まれていると考えられます。

  • 筆者は、執筆に関しては、市内各地域をまんべんなく入れること(ただし、合併前のものなので淀江町域の話はありません。)、あまり血なまぐさい話は避けること、故人で忘れられている偉人を発掘し民話に託して語ること、などを心掛けて編集されています。