当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

水質に関する相談事例

本文にジャンプします
水質に関する相談事例

水質に関する相談事例について

Q

朝一番など水が少し濁っているのですが?

A

築年数が経っている建物の壁の中等で、古い鉄管の水道管が使用されている場合、管内のサビが原因で薄茶色の濁りが発生し、金気の臭いや金属の味がすることがあります。
しばらく流していただくとよくなります。

Q

水が白く濁っているのですが?

A

ガラスコップに水道水を入れて見てください。次のようなことが考えられます。

  1. コップの下から徐々に透明になり、1~2分で白い濁りがなくなる場合
    原因は、水道水に含まれる空気が原因ですので、心配はありません。
    夏期、水温が上昇したときなどに発生することがあります。
    また、蛇口等の形状による場合、給湯器などでも発生しています。
  2. コップの上から徐々に透明になり、すぐには濁りが直らない場合
    水道工事などで濁りが発生した可能性がありますので、しばらく蛇口で水を出していただき、それでも直らない場合は水道局へお知らせください。

Q

湯沸しポットの中に白、半透明な固形物が付くのですが?

A

水の中のミネラルが使っていくうちに付着したものです。健康に心配はありません。
こまめに洗っていただくと付きにくくなります。
同じようなことで、浴槽のふちなどにも付いていることもあります。付いた場合、食酢を薄めスポンジ等で洗ったのち、水で洗い流す方法があります。
洗浄用の洗剤もあるようです。

Q

洗面や浴室、トイレの便器がピンク色に染まるのですが?

A

水道水が原因ではありません。湿気や水滴がある場合、環境中の雑菌が繁殖してピンク色に染まることがあります。乾燥と清掃をしてください。
また、塩素系の洗剤で掃除をすると徐々に発生しなくなります。
※ 浄化槽をお使いのご家庭では、塩素系の洗剤の使用にはご注意ください。

Q

洗面や浴槽が、青色に染まるのですが?

A

給湯の管には、銅管が使用されているものが多くあります。その銅が、ごく微量に溶け出して、石鹸成分や皮脂などの成分(アカ)などと反応して、徐々に青く染まることがあります。染まった場合、アンモニア水を薄めたものをスポンジに付けて掃除してください。

Q

浴槽にお湯や水を溜めると青く見えるのですが、大丈夫でしょうか?

A

アイボリー系の浴槽に多いようですが、清涼感の演出効果が出るような工夫がされているようです。銅管の銅が溶け出して水が青く見えることは一般的にはありません。

Q

水道水がいつもと異なる変な臭いがするのですが?

A

宅内で水道工事をした後から、ペンキのような臭いがする時は、工事に使用した溶剤等が原因の場合がありますので、水道局にご相談ください。

Q

浄水器について教えてください。

A

水道水は水道法に基づく水質基準に適合しておりますので、安心してそのままお飲みいただけます。しかし、消毒の塩素のにおいが気になる方もあり、使用される場合は、浄水器の特性をよく知ることが必要です。
器具内に滞留した水は、残留塩素が無くなるため雑菌が繁殖し易くなることがあります。使用する場合は十分に注意して頂きますようお願いいたします。

※米子市水道局では浄水器等の販売や設置、勧誘などはおこなっておりません。また、浄水器等の器具をお取付けになった場合、水道局の水質責任範囲は設置された浄水器等の上流側までとなり、下流側の水質は設置者(所有者)の自己責任となります。


水質に関するご相談は、水質管理課 管理担当
〒683-0011 鳥取県米子市福市1047番地1
電話(0859)26-5933[直通]
ファクシミリ(0859)36-8715
営業時間 平日の午前8時30分から午後5時15分まで
(土曜日、日曜日、祝祭日は休業です)

掲載日:2015年12月11日