放射性物質の水道水への影響について

本文にジャンプします
放射性物質の水道水への影響について

鳥取県内では鳥取県危機管理局・生活環境部原子力環境センターが毎年、原子力発電所周辺地域の環境放射線モニタリングとして、米子市水道局の水道水について境港市上道町と米子市河崎の給水栓及び水道原水の福市着水井で放射性物質検査を実施しています。

なお、測定結果についてはいずれも不検出として鳥取県のホームページに公表されています。

(参考)水道水中の放射性物質の目標値
放射性セシウム(セシウム134及び137の合計)  10Bq/kg


水質に関するご相談は、水質管理課 管理担当
〒683-0011 鳥取県米子市福市1047番地1
電話(0859)26-5933[直通]
ファクシミリ(0859)36-8715
営業時間 平日の午前8時30分から午後5時15分まで
(土曜日、日曜日、祝祭日は休業です)

掲載日:2019年1月22日

広告

  • 広告:ゴミのことならほうき小僧
  • 広告:湧くわく天然温泉ラピスパ
  • ともしび会広告バナー
  • ソンズ株式会社バナー   高校バナー画像 ネットKEN広告画像
 

バナー広告のご案内