年神飾り

本文にジャンプします
年神飾り
年神飾り

大晦日の夜は、囲炉裏(いろり)に屋根裏の(はり)がみえるほどの大火を燃やし、この年越の火を守って、家族は元旦まで寝ずの番をするものだ、と言われていました。

…昔、ある大百姓の主が、大歳に年越しの火の守りをせねばならんけど、昼間の仕事の疲れで女中さんに「火を消すでない」とよくよく言い聞かせて自分は寝てしまった。気の良い女中さんは二つ返事で承知して火を守っていたが、夜も更けるとついうとうとと囲炉裏端で寝込んでしまった。
どのくらい寝ただろうか、ふと目覚めて見るとこりゃ一大事、火が消えとる。あわてて寒い外に飛び出て見ると、暗闇の中にチラチラと火が見える。女中さんは急いでその火の所に行って、火を分けてもらおうと頼むと、そこにいた男たちは「火はなんぼでも分けてやる。そのかわり、ここにある死人の入った棺桶も一緒だぞ」という。仕方なく棺桶と火を受け取って家に持ち帰り、棺桶は土間にむしろを下げて隠し、囲炉裏の火はまた元のように燃えだした。
明ければ元旦。朝早く起きた主人は、囲炉裏に赤々と燃える火を見て女中さんにお礼を言い、土間に見なれぬむしろが下がっているのを見て「あれは何だ?」と聞いた。「実は…」と女中さんが正直に話しかけていたら、むしろで隠した棺桶がピカピカと光りだした。驚いて二人が駆け寄って棺桶を開けてみると、なんと死人は山ほどの大判小判に変わっていたと。
それで今でもこの辺りでは、正月の年神さん飾りにはむしろを吊るすんです…

「大歳の火」という昔話です。
元旦に棺桶とは縁起でもない、と思われますが、これは冬になり稲など穀物が枯れ死した後、新しい年を迎え穀物に新しい命が宿る、穀物の霊の死と再生を物語る話だと言われています。写真は河崎で正月に飾られた年神飾りです。
昭和初期には米子でもこんな立派な年神飾りをしていたのです。写真左側に話に出たむしろが下がっています。
話にあやかって、今年は黄金がザックザックの年になってもらいたいものですな。


年神飾り…生田清コレクション(市立米子図書館蔵)より

平成16年1月号掲載

前のおはなしへ 次のおはなしへ
掲載日:2011年3月22日

【利用上の注意】

掲載している昔話・伝説・言い伝えなどの民話は、地元の古老から聞いた話や地元での伝承話、また、それらが掲載された書籍などからの情報を載せているものですので、活用する際は次の点にご注意ください。

  • 民話は、ある程度の史実が背景にあったとしても、それが人々の想像の中で改変され、また、伝承の過程でさまざまな変化を遂げていきます。そのため、史実とは異なる内容、名称等が使用されている場合や学術的な裏付けがないものもあります。

  • 捉えかたにより、記載されている年号や年代、月日、読みかたなど、事実と異なる可能性があります。

  • 「過去の経験を後世に伝えたい先人の強い思い」として読みとるなど、「地域で語り継がれている事実」に着目することが必要となります。

  • 民話は、すべてが史実ではありませんが、地域にとってたいせつなものが含まれていると考えられます。

  • 筆者は、執筆に関しては、市内各地域をまんべんなく入れること(ただし、合併前のものなので淀江町域の話はありません。)、あまり血なまぐさい話は避けること、故人で忘れられている偉人を発掘し民話に託して語ること、などを心掛けて編集されています。