お船塚

本文にジャンプします
お船塚
お船塚

東郷町に伯耆一宮の倭文(しどり)神社がありますが、この神社のご祭神の1人に安産の神として崇められる下照姫(したてるひめ)命がおられます。
この神が出雲から海路を東郷に来られた時、乗られた船が石になって東郷湖畔に残っているそうです。

米子にも同じような話が伝わっています。

宗像(むなかた)にある宗形神社は、延喜年間(901から922年)に定められた法令(「延喜式」)に書かれたほどの由緒ある神社(「式内社」といい、尾高の大神山神社も式内社)です。
宗形神社のご祭神は、九州の宗像大社と同じく田心姫(たぎりひめ)命・湍津姫(たぎつひめ)命・市杵島姫(いちきしまひめ)命の3人の女の神様です。
この3人の女神が九州から米子に来られるのに、陸路ではなく日本海沿いに船で来られたそうです。冬の荒海を越えてではなく、おそらく暖かく波穏やかな、夏のこの季節に来られたものと思います。その頃は米子も宗像のあたりまで入海だったようで、神社の近く、今の長砂と宗像の境で神様方は船を降りられました。
その船が、長い年月の間に石になったと伝えています。
石になった船があった場所を「お船塚」とか「(かや)島」といって江戸から明治の頃までは田の中に、一抱えほどの船石を囲んで茅の生い茂る100坪ほどの小さな丘だったそうです。
昭和の初期には、石の周りに葦の生い茂る一坪ばかりの砂地になっておりました。
それが終戦後、砂地は切り崩され、肝心の船石は埋められ、残念ながら今は見ることができません。

この伝説は、古代の米子についていろいろ教えてくれそうです。

まず、古代の米子には、宗像神を信仰する九州の人が大勢移住して来たであろうこと。
移住して来た年代は、地球の温暖期で氷河が溶けだし、海が広がっていた時だったであろうこと。
少なくとも延喜年間よりかなり以前のことだった。といえば、それも伝説と笑われますかナ。


その昔、船塚があったと伝えられるあたり
(写真の石は船塚ではありません)

平成14年7月号掲載

前のおはなしへ 次のおはなしへ
掲載日:2011年3月22日